コンサルnote大全

534
Twitterに身を置きながら「稼げる状況にない」という敗北宣言

Twitterに身を置きながら「稼げる状況にない」という敗北宣言

3月一発目のコンサルnoteですが、旬な話題のこれでいきますかね。 上記のツイート計算通りにバズってくれたので、ツイートのバズり方の極意を有料で教えます! ...っていうのは冗談で。 気がついたら、なんか勝手にバズっただけですからw いろんな条件が重なってバズっただけで、今日、この時間に同じ内容をツイートしていたとしてもバズらなかったでしょうね。 なぜなら、エンタメ系のツイートでもなければ、炎上系のツイートでもないからです。 多少尖らせてはいますが、僕からしたらい

8
500
コンサルタントは実績づくりよりも情報発信に力を入れよう

コンサルタントは実績づくりよりも情報発信に力を入れよう

僕は、コンサルタントとして情報発信に力を入れているわけですが、意外とブログをガツガツ書いているコンサルタントって少ないんですよね。 アメブロから書き始めて、WordPress、noteと書いていっているわけですが、アカウントを削除したアメブロや放置しているアフィリエイトサイトも入れると3000記事くらいは書いてますかね。 もちろん、このnoteも含め今もコツコツ書き続けています。 まぁ、1記事書いても30〜40分、3000記事トータルでも2000時間なので、ブロガーやア

8
500
お客さんを5段階にランク付けしてみる

お客さんを5段階にランク付けしてみる

よく「お客さんをファン化する」という話を聞くと思いますが、あれってどういうことなのかサクッと答えられる人います? ファン化と信者化とはどう違うのか、同じ意味なのか。 まぁ、人それぞれファンの定義や基準は持っていると思います。 言葉的にはあまりよくないですが、商売をする上で、何となくお客さんを「ランク付け」していますよね。 ちなみに、僕もこの5段階でランク付けしています。 Lv.1:買ってくれたお客さん Lv.2:リピートしてくれたお客さん Lv.3:何回も買ってくれ

4
500
子どものインターネット(SNS、ブログ)露出について

子どものインターネット(SNS、ブログ)露出について

僕には1歳9ヶ月の息子がいるんですが、息子のことだけを綴っているブログ、HARULOG(更新頻度低め)も書いていますし、SNSにガンガン露出もさせています。 まぁ、父親である僕のエゴイズムですよ。 ただ、子どもが意思を示せない間の教育なんて、どれだけ「子どものために...」とか言ったところで、子どもの意見を反映させさられない限り、親のエゴでしかないわけじゃないですか。 もちろん、家族である妻に「やめてくれ」と言われたらやるつもりは無いので、僕個人のエゴを突き通したいわけ

24
500
完璧主義が原因でビジネスが前に進まず疲弊している人が読む記事

完璧主義が原因でビジネスが前に進まず疲弊している人が読む記事

完璧主義の人と聞いて「めんどくさそう...」と思うことはあっても、完璧主義自体が悪だと思う人はいないでしょうし、実際、完璧主義は別に悪いことでもなんでもありません。 ただ、完璧主義ゆえに弊害を感じている人も多いんですよね。 ビジネスで考えた場合、完璧主義を貫くことは商品の質を高めますし、サービスに対しても妥協もしないなので、既存のお客さんには喜ばれます。 じゃぁ、何が弊害になるのかというと、 ☑️ビジネスが進むスピードが遅くなる ☑️フィードバックが集まらない とい

10
500
コンテンツ+コンセプト+人格

コンテンツ+コンセプト+人格

ブログやSNSの普及により個人が稼げるようになってきて、企業ですらビジネスに求められる要素が大きく変わってきましたよね。 良いコンテンツとそれを魅力的に伝えるコンセプトが必要なのはもちろん、そこに人間的な信用や信頼、つまり「人格」が必要とされてきています。 コンテンツとコンセプトというのは、めっちゃ簡単に言うと「中身(コンテンツ)」と「外身(コンセプト)」ですね。 中身(コンテンツ)というのは、実際に手にとって満足を得られる質や内容で、外見(コンセプト)というのは、お客

8
500
マーケティングのテッパン数字管理

マーケティングのテッパン数字管理

僕が運営しているソロ・マーケティング部には、ビジネス初心者から年商数億の経営者までいらっしゃるんですが、ビジネス初心者の多くの方に共通していることがあって。 それは「数字でマーケティングを管理することが苦手」だということ。 マーケティングは仕組みなので、数字がわからないと仕組みもつくれないですし改善もできないんですね。 数字で状況を把握できなければ、上手くいっているか上手くいっていないのかもわからないし、自分が何のために何をやっているのかさえもわからなくなってしまいます

8
500
提供サービスの領域を変更する方法

提供サービスの領域を変更する方法

コンサルタントってゴリゴリの労働集約型のビジネスなので、どうしても収入の天井って決まってしまいます。 客数をどんどん増やしたところで、身体は一つしか無いわけですから。 そうなると、単価を上げることが重要になってくるわけですが、「単価を上げる」と言われると、 「スキルアップをしなければ」 「バックエンド商品を増やさなければ」 「上位サービスを考えなければ」 とプレッシャーに感じる人もけっこう多いようで。 ただ、コンサルタントにとってスキルアップは当たり前のことで、そん

6
500
今すぐ激しいツッコミを入れましょう

今すぐ激しいツッコミを入れましょう

2月の最初のコンサルnoteの配信が、タイミング良く1日なので、「2019年始まって1ヶ月が経ったけど、どうよ?」という記事を書こうかなと。 というのも、1ヶ月経って、立てた目標の進捗確認をする人は多いんですが、その進捗状況を正しく分析できている人が少ないんですね。 ありがちなのが、最初に立てた目標は定量的なものなのに、進捗確認が定性的になってしまっているパターン。 例えば、「2019年は月収100万円稼げるようになるぞ!」という目標を立ててスタートしたのに、1ヶ月が経

11
500