コンサルnote大全

426

平成の闇は「闇金ウシジマくん」で学べ

今回はちょっと偏った内容ではありますが、とはいえ重要なことでもあるので、アタマからシャットアウトせずに読んでいただけると幸いです。 ちょうど昨日、「闇金ウシジマくん」の最終巻が発売され、15年の連載が終了しました。 平成の終わり、令和の始まりと重なったのが感慨深いです。 今、僕の息子は2歳になり、平成には生まれましたが、平成という時代をほぼ経験することなく大人になります、というか平成の時間を記憶することなく令和の時代を生きていきます。 まぁ、こういう時代なので、インタ

スキ
7
有料
500

ブログ初心者のための3つの挫折回避法

最近、ブランディングの話をよくしているわけですが、基本的にはインスタントなブランディングは後から綻びが出てくるので、“パワープレイ”でブランディングをすることは推奨しません。 それはこのレターの中でも書いた通りで。 ブランディングは有名になって「何を言っているか」ではなく「誰が言っているか」で客を納得させる「狩猟型」の施策だと考えている人も多いようですが、ブランディングは本来「農耕型」、つまり種を蒔いて育ててできあがる施策だということです。 それを1ヶ月やそこらで、下手

スキ
14
有料
500

悪どい商売をしている人間は「入口」と「出口」をどう考えているのか?

先日、お客さんとビジネスの「入口」と「出口」の話をしていたのですが、今まであまり考えたことがなかったということだったので、こちらでもシェアしておこうかなと。 わかりやすく言うと、 入口:記事のコンセプト 出口:販売する商品 で、アフィリエイターの人はこのあたりのことはジャンル選定の基本として綿密に考えているので、彼らのサイトを見ると非常に勉強になります。 アフィリエイトで言うと、 入口:サイト内で扱うネタ 出口:扱うアフィリ案件 ということになりますね。 例えば

スキ
4
有料
500

Youtuberは編集力、問題解決業はアドリブ力

ブログを書き続けることによって「書く力」がつくというのはよく言われる話なんですが、それって至極動物的な発想なんですよね。 同じことを繰り返していたらいつの間にか習慣化される的な。 素振りを続けていたら筋力はつきますが、バッティングが上手くなるかというと必ずしもそうじゃないのと同じで。 せっかく「未来を考えることができる」という特権を持った人間に生まれてきたからには、「何を意識しながらそれをやるのか」というのが非常に重要なわけです。 先日アップした動画も、そういった裏の

スキ
3
有料
500

ブログの内容がショボくなってきた時に試すべき「ユルイ方法」と「キツイ方法」

コンサル業は常にアップデートしていくことが使命の1つでもあるので、情報発信を止めたら時点でもう終わりです。 ちょっと売れたらブログでの情報発信をやめてしまって、Twitterでチョロっとつぶやくくらいしかしなくなる人とかいるじゃないですか。 あと、トークショーとかセミナーしかしなくなる人とかね。 とはいえ、情報発信が滞る時ってありますよね。 パターンは人それぞれだと思うので、完全にネタが切れるという場合もあれば、ネタには困っていないけど内容がイマイチ納得できないという

スキ
2
有料
500

別にYoutuberを目指さなくても良いから

最近、自分の中で何かアウトプットのパフォーマンスが悪いなと思ってきたりしていて。 で、調子が良い時と比べて何をしていないかな〜と考えていたら、「そういえば長らく動画を撮っていない」ということに気が付いたんですね。 いっとき、集客用として1年以上ずーっと毎日撮り続けたことがあったんですが、その時と比べてみるとやっぱり頭の回転や言語化能力などのパフォーマンスのレベルが違うなと。 ということで、またちょっとずつ動画を撮っていこうかなと。 身体は覚えているもんで、意外と普通に

スキ
5
有料
500

好きなことをして生きていくための5条件?

できることなら、何にも縛られず好きなことだけをしてガッポリ稼いで生きていきたいですよね。 ただですね、好きなことだけをして生きたいと思えば思うほど「好きになれる“仕事”を見つけなきゃいけない!」みたいな感じでガッツリ視野狭窄になってしまうもので。 で、「好きなこと」や「自由」を履き違えてただただ周りに迷惑をかけたり他人を不快にするだけの自己中ヤローに陥ってしまいがちです。 昨今のTwitterを眺めていると何となくわかりますよね。 好きなことをして生きていくということ

スキ
16
有料
500

収益分散のタイミングとコツ、そして撤退の時期について

今までプロフィット・ミックスの話は散々していて、そもそも1つのことだけをさせるコンサルタントは無能だとも話してきました。 コンサルタントを目指すからといって、コンサルの売上さえ立てば良いというわけではなく、その売上が無くなることを想定していくつも収益源を準備しておく必要があるということです。 重要なのは準備のための行動をすることなので、最初は同時に稼げていなくても良いです。 例えば、コンサルだけで月に100万円の売上を立てられるようになったとしても、何らかの原因でコンサ

スキ
4
有料
500