マガジンのカバー画像

コンサルnote大全

385
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)… もっと詳しく
¥48,000
運営しているクリエイター

2019年6月の記事一覧

セルフコンサル術⑦:窮地からの脱出

今の時代、何か一つが上手くいったとしても、同じことを続けていても衰退していきます。まさに「現状維持は衰退」ですね。 理由は多々あります。 ・消費スピードが早くなっている(飽きやすくなっている) ・代替商品やサービスが他にいくらでもある ・何でもある程度は自分でできるようになった ・いつの間にかコモディティー化して置いていかれる ・可処分所得低下層をターゲットにしている などなど、「個の時代」とはいえ、生半可な覚悟と努力ではフリーランスとしてビジネスを継続していくことがで

スキ
3
有料
500

日本人に刺さりやすいブログ記事

刺すとか刺さないとかのツイートを見かけまして、なんか物騒だなと思っていたんですが、言葉の話だったようで。 ただ、読者やフォロワーに対して「刺せ」という表現はどうかなと。 まぁ、それは置いといて。 そもそも「刺さる言葉」とか「刺さる記事」というのは何ぞやという話なんですが、言葉なのか文章なのかでけっこう変わってくるんですよね。 言葉だと、そのワード自体にインパクトがないといけなかったりするわけですが、文章の場合だと言葉も含まれますし、それ以外にもテーマや構成、言い回しと

スキ
4
有料
500

「ライバルの逆張り=ライバルと敵対」ではない

当たり前の話ですが、飲食店の集客は立地で決まります。 ・博多で大人気のラーメン屋 ・ダシにこだわったラーメン屋 ・行列が途切れないラーメン屋 ・弟子入り志願が集まるラーメン屋 ・芸能人も通うラーメン屋 ラーメン激戦区で、上記のような特徴のラーメン屋が並んでいたら、どの店を選ぶでしょうか? ぶっちゃけ、どれでも良いですよね。 どれも訴求が同じ(味自慢)なので、とりあえず目についた店か近くの店、あるいは直感的にピンときた店に入ると思います。 ただ、もしこの中に ・添加

スキ
19
有料
500

あなたの知らない強みと弱みの見つけ方

先日、こういうツイートを見かけまして、「あーなるほど、これはわかりやすい」と思いました。 ただ、「強みって何?」「弱みって何?」という話で、ほとんどの人がその辺のことをよくわかっていなかったりします。 中には「あなたの強みを発掘します!」みたいなコンサルタントとかアドバイザーとかがいますが、そもそも強みは発掘されるものではなく「つくり上げるもの」なんですね。 強み = リソース × ニーズ なので、「発掘」とか言っている時点で間違っていると。 今回のテーマはなかなか

スキ
9
有料
500

実績づくりとアピールはお客さんに任せよう

コンサル業など、何かしらのノウハウを提供してお客さんに成果を出してもらう仕事をしている人は世の中にゴマンといるわけですが、当然、その仕事で稼げている人と稼げていない人がいるわけです。 今回は、その主な原因は何かという話を。 そもそも集客ができなければマネタイズまで到達できないわけですから、集客力というのは重要になります。 で、集客というのは、媒体への「露出」とお客さんを惹きつける「求心力」によって構成されているというのは今までも言っている通りで。 ブログやSNSなど「

スキ
4
有料
500

記事構成に個性を融合させる方法

期間限定で無料公開したこちらの記事が好評でして。 具体的にどうすれば良いのかわからなかった人で、何かしら行動に移していただいたのであれば幸いだなと。 一方で、人間味やキャラクターを前面に押し出して記事を書こうとすると、とっちらかってしまって何を伝えたいのかよくわからなくなってしまうパターンもあるんですよね。 そうならないための工夫も必要で。 ということで、今回はその部分についてお伝えしていこうかなと思います。 コラムやオピニオン系の記事で個性を出すのは簡単ですが、ノ

スキ
3
有料
500