コンサルnote大全

534
ポジショニングとアピールの違い

ポジショニングとアピールの違い

最近は中学生のビジネスプレイヤーや高校生のビジネスプレイヤーをよく見かけるようになりましたよね。 そんな中「彼らはポジショニングが上手いよね」みたいなツイートを見かけたんですが、ぶっちゃけ若さ以外は代替可能なので、それはポジショニングでも何でもなく「ただのアピール」にしかすぎません。 Twitterのフォロワーを増やす方法もnoteで稼ぐ方法も、同じようなノウハウはいくらでもありますからね。 存在にしてみても、フォロワーが多いだけ、稼いでいるだけのインフルエンサーもクサ

36
500
危険な共感

危険な共感

個人のブランディング戦略として、成果までのプロセス(や努力)を見せるか否かという議題があります。 分かりやすいのが「〇〇だった私が△△するだけで□□に!」といったいわゆるヒーローストーリーですね。 で、「ストーリーで共感させる」というのもよく聞くと思いますが、プロセスを見せるということはストーリーと見せるということなので、同じような境遇の人に「私にもできそう」と共感してもらうという目的があります。 人生を重ね合わせてもらうということですね。 また、プロセスを見せること

9
500
しゃべりでミスって利益を削らないために

しゃべりでミスって利益を削らないために

前回こちらのnoteを配信したんですが、けっこう掘り下げられた質問をいただいたので、それについてお伝えしようかなと。 掘り下げた質問というのは何かと言うと、主に「しゃべり」の部分についてですね。 要するに「パブリック・スピーキング」についてなんですが、サイコパスや詐欺師のように魅力的にしゃべることができない場合、しゃべりとどう向き合えば良いのかというもの。 僕自身、セミナーの類は一切しない(過去にしたことはあります)ですし、しゃべりは得意かと聞かれると、胸を貼って「はい

8
500
成功へのショートカットはサイコパスに学べ

成功へのショートカットはサイコパスに学べ

本日のテーマはサイコパスについて。 といっても、サイコパスになりましょうという話ではないですし、そもそも後天的にサイコパスになれるものではないです。 そうではなく少し違った視点、というかコンサル的「逆転の発想」で。 異常犯罪者など悪いイメージが強いサイコパスですが、経営者やコンサルタント、弁護士、医者など、時として感情を排除して冷徹な判断を下さなければならない職業にも多いと言われています。 じゃぁ、サイコパスの特徴を把握し真似できることは真似してしまえば、成果創出に有

8
500
モチベーションとの正しい向き合い方

モチベーションとの正しい向き合い方

2020年の目標を立てて各々進んでいると思うんですが、新年が始まって10日、そろそろモチベーションが低下してきている人も多いかと。 それもそのはずで、目標を掲げた時がモチベーションMAXで、次に新たなモチベーションが湧き上がってくるのは、基本的には「成果を出した時」でしかないからです。 もちろん、プロセスが楽しい場合などは、それをやること自体がモチベーションになるので問題ありません。 というか、そういうプロセスを選ぶことこそが大事で。 極論ですが、「これをやっているだ

10
500
誰も知らない「1日30ツイート」の本当の目的と30ツイートの気になる内訳

誰も知らない「1日30ツイート」の本当の目的と30ツイートの気になる内訳

1日30ツイート。 Twitterの指導ではよく言われることですが、これをやる意味を説明しろと言われたらほとんどの人が説明できないと思うんですよ。 ● 露出を増やすため ● 数稽古でTwitterに慣れる ● 考える習慣をつける って言われるくらいじゃないですかね。 集客は「露出 + 求心力」なので、露出を増やすこと、良いツイートをできるようになって求心することはアクションとしては間違っていません。 1日30ツイートすることは大事なことだと思いますし、僕も毎月だいた

30
500
賢者ビジネスと情弱ビジネスの分かれ目

賢者ビジネスと情弱ビジネスの分かれ目

あけましておめでとうございます。 年が明けて定期購読者が一気に減るかなと思ってたんですが、引き続き購読していただけそうなので張り切って書いていきます。 めちゃくちゃありがたいですね。 あ、新しく定期購読していただいた方も楽しみにしていてください。 また、この『月刊コンサルnote』をよりニーズに沿ったものにしていきたいので、今年からリクエストフォームを設置しました。 リクエスト内容によっては個別回答に近い感じになり、コンサル的な効果もある思うので、下記のリンクから遠

11
500