マガジンのカバー画像

コンサルnote大全

385
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)… もっと詳しく
¥48,000
運営しているクリエイター

2020年7月の記事一覧

クラファンは企画の向こう側を見るべし

前回のnoteで今月のコンサルnoteは完結かと思っていたんですが、もう1回ありましたね。 すでに来月のテーマを考えだしていたんですが、次の配信日を見たら7月31日(金)でしたw まぁ、毎週火曜日と金曜日配信であることには変わりないので、どちらにしろ記事は書くんですが、月が変わると気持ちや情勢など何かしら切り替わるので、一度グッと戻しまして。 と思っていたら、ナイスタイミングで、オンラインサロンのメンバーでもある福井(@aomorio)さんのクラファンがスタートしたので

スキ
8
有料
500

僕が動画編集者ならこうやってマーケティングをして一人勝ちする

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
5

最小限のダメージで軌道に乗せる方法

コロナが落ち着いてきたからなのか、もはやコロナと共存していくしかないと覚悟を決めた人が増えたからなのかはわかりませんが、最近は法人、個人にかかわらずコンサル案件が増えてきていまして。 ただ、中には「まだコンサルを受けるタイミングじゃないな」とか「コンサルを受けてもどうにもならないな」といった理由でお断りさせていただく案件も多いんですよね。 法人に関しては、そのあたりの基準はシンプルです。 ・専門外 ・手遅れ というパターンで、専門外というのはそのままで、僕の知識やスキ

スキ
8
有料
500

ブログをやるべきかYouTubeをやるべきか

コンサルをしていると「ブログをやるべきかYouTubeをやるべきか」みたいな質問や相談は絶えません。 が、そもそもそんなものは最終的な目的によるわけです。 ただ、そのあたりを差し引いても「情報発信の難易度」という点ではブログの方が圧倒的に低いかなと。 様々な準備や編集作業に加え、再生数だけではなく登録者も必要なYouTubeに比べれば、ブログはぶっちゃけ「書く」だけですし、CVに必要なアクセスさえ集まればそれで良いわけですから。   もちろん、ブログもデザインやレイア

スキ
7
有料
500

家族を巻き込むビジネス

今月もコンサルnoteを購読いただきありがとうございます。 今月からボチボチ新しいこともしていこうと思っているので、noteの内容もバラエティに富んだ内容になっていくかなと。 自分で言うのも何ですが、それなり期待していただければ。 というのもですね、今月から再びYouTubeをやっていこうかなと企んでいまして。 以前やっていたことがあるし、直近でもいくつか撮っていたんですが、ビジネス目的となるとあまりモチベーションが湧かなかったので手が止まってしまったんですよね。

スキ
14
有料
500