インスタントオタク化メソッド
見出し画像

インスタントオタク化メソッド

前回、オタク最強説の話をしたんですが、そこと関連して自己投資とオタクの関係性について少し話そうかなと。

と言っても、オタク本人はいちいち「自己投資」とは思っていなくて、貯金があろうがなかろうが欲しいと思ったものは躊躇なく買いますw

それこそ、お金は自分の世界を守る(創る)ための単なるツール程度にしか思っていないので。

自分の好きなことに命をかけているわけですからね。


で、今の世の中は「オタクはキモい」のではなく、オタクだからこそ信用されるようになっています。

Twitterでも、フォロワーを集めるためやお金を稼ぐために権威や専門知識を振りかざしている人よりも、熱中しすぎて、楽しみすぎて専門性が思わず溢れ出ている人の方が魅力的じゃないですか。

実際、そういう人に仕事を依頼したいと思いますしね。


で、そういう人って使命感ではなく純粋な好奇心や向上心でやっているだけなので、自称専門家よりも知識も豊富でスキルも高かったりします。

好きが「溢れ出ちゃてる」人はやっぱり最強なんです。


とはいえ、そのレベルに到達するには、それだけ情熱を注げるものを見つけなければならないですし、さらに好きのレベルをあげていかなければならないので、なかなか大変です。

要は、人はそう簡単にはオタクになれないですし、オタクになれたとしてもオタクだと認識してもらえないので、最初は意図的、戦略的に「好きが溢れ出ちゃってる感」を見せなければならないんですね。

好きで好きでたまらないものはあるけど、それをどう上手く伝えれば良いかわからない、あるいはオタクだということを認知してほしいのに、そのレベルが伝わっていないという人は今回のnoteを参考にしていただければ。

自己投資という視点でお伝えします。

自己投資はアピールしなさい

結論から言うと、とにかく好きなことにお金と時間をかけること、そしてお金と時間をかけていることをしっかりとアピールすることです。

ツイートもしたんですが、まさにこれなんですよね。

本気度、オタク度を伝える最も手っ取り早い方法がお金と時間をかけてそれをしっかりとアピールすることなんです。

ただ、時間をかけていること可視化して伝えるのは難しいですし、基本的には結果でしか証明できないので、お金をかけていることをアピールすることに注力する方が良いです。

というか、好きなものにお金をかけられない、自己投資を渋ってしまう時点で本当に好きなのか、片手間でやっている人を圧倒してお金を稼ぐという気概があるのかという話になるんですけどね。

そういう人はそもそもの部分から見直しを。

先のことなんて考えずに動いてしまうからこそオタク気質であり、だからこそ好きが溢れ出て人の心に響いたり、笑顔にしたりできるわけです。

なので、自己投資をしたらしっかりとアピールすること、これが基本です。

ただ、伝え方によっては、オタクブランディングをする上で大きな誤解を招くことになってしまいかねないので、そのことについては次の項目で解説していきます。

自制心が無いバカ

この続きをみるには

この続き: 2,142文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

または、記事単体で購入する

インスタントオタク化メソッド

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/