noteを撤退する前に取り組んだ3つのこと
見出し画像

noteを撤退する前に取り組んだ3つのこと

ハットリシンヤ

なんだかんだで『月刊コンサルnote』の定期購読者が100人超えまして、非常にありがたい話です。

当初は、最終的に50人くらいに読んでもらえれば光栄だなと思っていて。

なので、需要が無くなったらサクッとやめようと思っていました。

もちろん、週2回の強制的なアウトプットで、しかもお金をいただいての情報発信なので、1日たりとも惰性でやっているつもりは一切なく、むしろ、常に緊張感があります。


で、ここまで順調にいったわけではなく、実は、購読者が80人になったところで2〜3ヶ月は停滞していました。

増えては減って増えては減ってが繰り返されて80人を維持するという状態が続いたので、これではいかんなと思いまして。

noteの売上に頼っていたわけでもなかったので、正直、もう撤退かなとも思ったんですが、まぁ、どうせ撤退するのであればやれることやってみようと思って、このタイミングで打った施策が3つ。

①noteの独自ドメイン化
②無料noteの強化
③マガジンの分類と表示

とういうことで、今回はそれぞれの目的と効果について。

①noteの独自ドメイン化

この続きをみるには

この続き: 3,269文字
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

過去のnoteノウハウの投稿をまとめたものです。今後もnoteノウハウの投稿はこちらにも追加していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
ハットリシンヤ
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/