見出し画像

目的別7つの信用要素

信用経済、評価経済における「信用」を貯めるにはどうすれば良いかの解答としては「約束を守る」ということに尽きます。

と言うと、「んなことは当たり前だろ」という人が大半だと思いますが、それは僕のnoteの読者さんだからであって、その当たり前のことができない大人はけっこう多いんですよね。

特にネットでやりとりをしているとモラトリアムな人はよく見るでしょう。

だからこそ、ちゃんと約束を守れるだけで信用が貯まっていくという側面もあるわけですが、かと言っていつまでもそんな次元の低い話をしていてもしょうがないわけで。

この話に関しては、無料コラムでも少し書きましたけどね。


芝麻信用のように大規模な取り組みにおいて信用をスコア化していく場合は、各項目のスコアを平均値に保つ努力をしなければなりません。

が、そうでない限り信用の基準なんて千差万別です。

まぁ、信用するための項目というのはある程度共通してくるかもしれませんが、重視する項目、優先順位というのは人やビジネスによって変わってきますよね。

クリエイティブが命の仕事であれば、「打ち合わせに遅刻しても良いからブッ飛んだ企画アイデアがあれば良い」という人もいるでしょうし、逆にクリエイティブとは無縁の作業メインの仕事であれば、「時間内に約束したことだけキッチリやってくれれば良い」という人もいます。

コラムでも書きましたが、夫婦間でもあるでしょうね。

しっかり稼いでくれれば家事や子育てなんか手伝ってくれなくても良いという主婦もいれば、お金はそこそこで良いから家族との時間をしっかり確保して欲しいという主婦もいるでしょう。

・お金を稼げる人だから信用できる
・家族に寄り添ってくれるから信用できる

など、人それそれだということです。


人間関係においてもビジネスにおいても、重要なことは相手が何を求めているか、信用する上で何を重視しているかを理解することなんですね。

ちょうど円グラフのようなものをイメージしてもらえればわかりやすいと思います。

あなたがビジネスをする上で人を信用する時、何がどれくらいの割合を占めているかということですね。

例えば僕の場合は、依頼する仕事内容によって優先順位や割合は変わりますが、だいたい下記のような項目で円グラフが占めています。

①価値観が似ているから
②稼いでそうだから
③良い人そうだから
④仕事内容が丁寧だから
⑤企画やアイデアが凄いから
⑥人脈がすごいから
⑦拡散力があるから

順番に解説していきますね。

この続きをみるには

この続き:2,914文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むこと...

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

目的別7つの信用要素

ハットリシンヤ|マーケター

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!いただいたサポートは全て息子のお菓子かオモチャにまわります( ˙³˙)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください( ˙³˙)!
3
マーケティングコンサルタントをやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。