見出し画像

正しい「かけ算ブランディング」のやり方

Twitterには「A × B」といった肩書きを掲げて手っ取り早く求心する、いわゆるかけ算ブランディングが蔓延しています。

これは藤原和博さんやキンコン西野くんが言っていた、3つの分野で1/100のポジショニングをし、「1/100×1/100×1/100」で1/100万のレアキャラになろうという話が流行ったからですね。

ただ、1/100というのは「それって誰が決める?」という非常に抽象度の高い話でもあるので、それゆえにその部分がゴッソリと抜け落ちて、ただの錯覚資産ブランディングに走っている人がほとんどなのは否めません。

・〇〇 × ブロガー
・〇〇 × コンサルタント
・〇〇 × アフィリエイター

みたいな感じの人がたくさんいますが、どれも「それってレアなの?」という、よく意味のわからないものばかりで。

これをやるなら

①1/100の根拠
②化学反応
③顧客のメリット

を明確にしなければならないんですね。

まぁ、ただ「凄そうな人」に見せたいだけの、錯覚資産アピールに重点を置いて情弱をターゲットにしたいのであれば、そんなに深く考える必要はありません。

が、このnoteを読んでくれている人は、少なくとも情弱はターゲットにしていないと思うので、上記の3項目を考えていってください。

できるだけ具体的に解説していきます。

この続きをみるには

この続き:2,240文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

正しい「かけ算ブランディング」のやり方

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはプレゼント企画でガンガン還元していくので、https://twitter.com/FACTDEAL でチェックしておいてくださいね!

ありがとうございます!Twitterでも絡んでくださいね♪
5

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタントです。メインブログ👉https://change-consul.factdeal.co.jp/

月刊コンサルnote

この定期購読マガジンのコンセプトはひねくれた「コンサル視点」。 異端児はみんなひねくれていますからね(笑) で、「コンサル視点」とは何かと言うと、「コインの裏表だけではなく側面を見る」ということに尽きます。 これができるようになると、普段の姿がスーパーサイヤ人でいるこ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。