コンサルタント「問い合わせ」の目的は他の業種とは異なる
見出し画像

コンサルタント「問い合わせ」の目的は他の業種とは異なる

ハットリシンヤ

一般的なビジネスの場合、機会獲得のために「問い合わせフォーム」を設置するわけですが、ことコンサルタントという業種になると活用目的が少し違ってきます。

まぁ、この概念は、コンサルタント以外でも汎用性はあるんですが、指導業ではない場合は、取扱に注意が必要です。

商品・サービス購入につながる生命線である「問い合わせ」で失敗しないためにもぜひ確認しておいてください。

2つの問い合わせ内容

この続きをみるには

この続き: 1,947文字 / 画像1枚
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
ハットリシンヤ
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/