見出し画像

問題を解決してもムダ

以前から話していることなんですが、コンサルタントにとって重要な能力は問題解決能力よりも問題発見能力です。

昨今はその傾向がさらに強まっているなと。

ぶっちゃけ問題解決に関する情報なんていくらでも溢れているわけなので、正しい取捨選択をして、できるだけ予算を抑えてできるだけ早く結果出すための「効率化」が問われます。

それよりも問題発見能力。

そもそも問題定義や問題発見、課題設定が間違っていると何をしてもムダになってしまいますからね。


で、問題発見に関しては「これは〇〇が問題かもしれないな」という経験やカンが頼りになる部分も大きいので、なかなか短期間でスキルを身に付けるのは難しいです。

というか、天才でもない限り無理です。

警察24時とかで怪しい車に気づいて職質したら、案の定ヤバいものが出てきたとかありますが、あんなの新人警官ができるわけがなく。


なので、最初はある程度フレームワークに当てはめるしか無いんですね。

ということで今回は、正しい問題発見をするためにこの考え方だけは押さえておこうというシンプルな3つの考え方、というか視点を紹介します。

2つがメインでもう1つはオマケ的な話なりますが、これが意外と肝だったりするんですよね。

特に個人でビジネスをしている人にとっては。

これはコンサルタントに限った話ではなく、自分でビジネスをする上で必要な能力ですし、この見方ができるとプライベートの問題も解決しやすくなるのでぜひ。

この続きをみるには

この続き:2,106文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

問題を解決してもムダ

ハットリシンヤ|マーケター

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!全力で息子のお菓子かオモチャを書います(ʘʖ̮ʘ)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください(ʘʖ̮ʘ)
2
マーケティングコンサルタントやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。メディア一覧👉https://shinyahattori.com/media/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。