Clubhouseに必要なスピーキングスキル
見出し画像

Clubhouseに必要なスピーキングスキル

今月もコンサルnoteを読んでいただきありがとうございます。

2021年、あっという間に1月も終わったわけですが、緊急事態宣言も延長されて引き続き混沌とした世の中が続いています。

どう足掻いても個人レベルではコントロールできる事象ではないので、僕らは既存のビジネスを可能な限り守りつつ、新しいことにチャレンジしていくしかしかないですよね。


そんな中、救世主のごとく現れたClubhouse。

夜中、ビール片手にNetflixを観ている時間が完全にClubhouseに入れ替わってしまいましたねw

いかんいかんと思いつつ、今のところ「新い世界を知る」「新いチャレンジを試みる」という意味ではかなり有益な時間を過ごせているので、まだ大丈夫だろうと思っています。

スピーカーではなくリスナー側に回ってしまうのは、時間搾取されるだけなのでまずいなとは思いますが。

スピーカー、あるいは企画を考えて人をつなぐ役割を担うことはチャレンジですし、自分自身の成長につながりますからね。

賛否はありますし、その中でも「マーケティングとして使えない」と否定的かつ短絡的な意見が散見しますが、使えるかどうかは本人次第かなと。

おそらくマーケティングと言いつつ、見ているとマネタイズの有無で判断しているようなので、何かそれは違うよなと思うわけです。

スピーキングを生業にしている人にとって重要なマーケティング活動になりますし、それ以外のビジネスをしている人でも生産者や販売者としての価値観、人となりを知ってもらうブランディングの役割を果たすので。


完全招待制SNSではありますが、今後枠も増えていき参加しやすくなると思うので「どうせインフルエンサーがイキって情弱が群がってるだけでしょ」と脊髄反射で否定せずに、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

ただ、上記のような状況があることも否めないので、だからこそ能動的でいること、つまりリスナーではなくスピーカー側にいることが重要で。

Clubhouseに限らず「自分がどちら側にいるのか」によって、天と地との差が生まれるということですね。


趣味であれば全然問題ないんですが、マーケティングやブランディングの新しいチャレンジとしてClubhouseを使いたいのであればここは最重要ポイントだと思ってください。

スピーカー側に甘んじてしまうのであれば時間のムダです。

音声メディアのリスナーからは「聞き流せるから良いよね」という声をよく聞きますが、聞き流す程度の受動アクションではインプットにはならないですし、それなら別の情報を能動的に取り入れる方が有意義ですからね。

インプットと称しての聞き流しは、勉強している気になっているだけで、結果としてスピーカーによって時間を搾取されているだけです。


と、前置きはこのくらいにして、じゃぁ、スピーキングが苦手な人はClubhouseを使うのは向いていないのかというとそういうわけではなく。

スピーキングのテクニックは多岐にわたりますが、とりあえず2つのポイントだけ押さえておけば大丈夫で、それさえ押さえておけば、誰もがスピーカー側に立つことができます。

この続きをみるには

この続き: 2,746文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnote大全(https://note.factdeal.co.jp/m/m00533a2cda28)では過去の全てのnoteが読めるので、そちらもぜひ!

コンサルnote大全(https://note.factdeal.co.jp/m/m00533a2cda28)では過去の全てのnoteが読…

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

または、記事単体で購入する

Clubhouseに必要なスピーキングスキル

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/