フォロワーが1000人になったら固定ツイートにこだわるべし
見出し画像

フォロワーが1000人になったら固定ツイートにこだわるべし

Twitterをビジネス運用をする上で、僕はフォロワーよりも固定ツイートやプロフィールへのアクセスとその反応を重視してるんですね。

Twitterの記事は毎回好評なのでよく書くんですが、その際も固定ツイートにまつわる話が多いです。

むしろフォロワーの増やし方の話は一ほとんどしたことがありません。


というのも、TLに流れてきた1つのツイートだけで判断されるのは、炎上やエンタメ的なバズであって、仕事につながる場合は基本的にはその人を深く知ろうとするわけですが、その1つがプロフィールへのアクセスです。

で、そこで決め手になるのがプロフィールの内容、そこに貼ってあるリンク、固定ツイートの内容、その他のツイートなどになるんですね。


余談ですが、フォロワーが必要無いというわけではなく、むしろビジネスをする上では一定数のフォロワーは必要であり、さすがに2、3桁ではいろんな意味で説得力が薄いんですよね。

影響力の有無の話ではなく、Twitterでの言葉や立ち回りによって人間的な信用が得られているという証がフォロワー1000人くらいです。

で、1000人以上は能力やスキルの信用かなと。

詳しくはこのツイートを見てください。


話を戻しますが、なので、フォロワーが1000人になるくらいまでは、日々のツイートでしっかりと価値提供をして人間的な信用を得ることに注力した方が良いということです。

で、1000人を超えた辺りから能力やスキルの部分を信用してもらうべく、固定ツイーとも含め専門性や権威性もアピールしていくと。

もちろん、両方できればアカウントの信用レベルがグングン上がっていくので、人間的魅力もビジネスの能力も両方伝えていけるのがベターです。

が、最初からそんなツイ廃レベルのツイート頻度を保つのは難しいので、最初は「なんか好き」と思ってもらい「この人凄いな」というフェーズに移行していければ良いと思います。


前置きが長くなりましたが、フォロワーが1000人くらいになってきたら、あるいは能力やスキルが信用され出したら固定ツイートもしっかり考えていきましょうという話を。

固定ツイートには何を置けば良いのかという疑問に対しての1つの解です。

先に結論を言ってしまうと、これまでTLで表現してきたことの総集編を固定ツイートに凝縮して載せるということです。

プラス、見込客の脳の優先順位に入れておいてもらうために、見込客が求めるいる情報を置いておくということですね。

① パーソナル
② 能力やスキル
③ 問題解決策

ポイントはこの3つです。

固定ツイートを見れば、どんな人かがわかり、どんな能力やスキルを持っているかがわかり、そのスキルは自分の問題を解決してくれるレベルなのかがわかるように提示しておくと。

この続きをみるには

この続き: 2,300文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

過去のTwitterノウハウの投稿をまとめたものです。今後もTwitterノウハウの投稿はこちらにも追加していきます。

または、記事単体で購入する

フォロワーが1000人になったら固定ツイートにこだわるべし

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/