オンラインサロン

オンラインサロンの不都合な真実

オンラインサロンのシステムや価格について、的外れなことばっかり言っている人がいるので、ちゃんと真実をお伝えしておこうかなと思います。

これからオンラインサロンを運営しようかなと思っている人は参考にしていただければなと。

①部活動というコンセプトにした理由
②永久会員という運営システム
③買い切り57,000円という価格設定
④運営する上での参加者の人数の限界
⑤自前でオンラインサロンをやる理由

など、よくあるオンラインサロンとは違う切り口で進めていった「ソロ・マーケティング部」のプロモーションやマーケティング戦略について、黒いところまで全て話しちゃいます。

この続きをみるには

この続き:3,692文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むこと...

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

オンラインサロンの不都合な真実

ハットリシンヤ|マーケター

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!いただいたサポートは全て息子のお菓子かオモチャにまわります( ˙³˙)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください( ˙³˙)!
7
マーケティングコンサルタントをやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。