見出し画像

スベらないコンセプトの作り方

ひさしぶりにコンセプトメイクの話を。

コンセプトは自分の商品やサービスの企画だけではなく、Twitterの肩書きやプロフィールにも反映できる汎用性の高いものです。

なので、イマイチポジショニングや名乗りたい肩書きが定まらない、プロフィールで伝えたいことがモヤッとしている人は、この機会に押さえておいてください。

商品やサービスのコンセプトが弱い人も。

もちろん「これだ!」というコンセプトは一朝一夕でできるものではないですが、考え続けることが大事です。

で、考え続けているとそのためのアンテナが張り巡らされるので、他の人のコンセプトが参考になったり、たまたまテレビで見たCMがヒントになったりと、コンセプトを導き出せる可能性も飛躍的に高まります。

そのためのマインドセット(思考のテクニック)を具体例も出しながらお伝えしていこうかなと。

コンセプトメイクの3大要素

まず、コンセプトを構成する3つの要素の話からですが、これは僕のあらゆるメディアで何百回と言い続けているので、耳タコの人も多いかなと。

ただ、普遍的な考え方ですしシンプルなので、そういった人も今一度リマインドしておいていただければ。

❶ ターゲット(何に困っている人に)
❷ プロセス(どんな素晴らしい方法で)
❸ 目的地(どんな素晴らしい状態になってもらいたいのか)

という3大要素ですね。

3大要素なのでどの項目も重要なんですが、特に重要なものが何かわかりますかね?

巷のマーケティング論やビジネス論では「ターゲット」と「目的地」を非常に重視されますし、それにまつわる発信や指導が多いです。

「ペルソナを決めよう」
「お客さんのニーズを知ろう」
「お客さんのベネフィットは」

みたいな感じですね。

が、脳ミソがちぎれるほど考え抜くべきこと、つまり最も試行錯誤すべきものは「プロセス(リソースに基づく手法やノウハウ)」です。

その理由と、じゃぁ具体的にどのように考えれば良いのかについて。

自分に何ができるのだろうか?

この続きをみるには

この続き: 3,751文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

スベらないコンセプトの作り方

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!いただいたサポートは全て息子のお菓子かオモチャにまわります( ˙³˙)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください( ˙³˙)!
27
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/

こちらでもピックアップされています

月刊コンサルnote
月刊コンサルnote
  • ¥1,500 / 月

コインを裏表ではなく横から見ることができる『コンサル脳』を鍛えるための定期購読マガジンです。普通の人とは違う考え方や切り口を手に入れたい人はぜひ。noteの更新は毎週火曜日と金曜日の午前9時を予定しています。詳細はこちら👉https://note.factdeal.co.jp/n/nd7c8774cabb1 また『コンサルnoteのサークル(https://note.factdeal.co.jp/circle)』でも同じ内容が配信されるのでお好きな方を選んでください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。