セミナーフェスで心を裸にできたなら

Twitter(@FACTDEAL)で僕に絡んでくれている人であれば、僕が音楽好きだということを知っていただいているかもしれません。

若い時は音楽の学校にいって真剣に勉強していましたし、バンドを組み、曲も作り、かなりアクティブ音楽活動をしていたので、音楽に対する思い入れはけっこう強い方だと思います。

ジャンルも一切問いませんしね。

そんな経歴もあってか、毎月のように誰かのライブに言っていますし、毎年夏になると何本かフェスに参加して楽しんでます。

祭りとしての空気を楽しむのはもちろん、今若い人にウケているアーティストが知れたり、ベテランアーティストの進化を見れたりして学ぶものがたくさんあるんですよね。

子どもにもいろんな情報や環境に触れさせたいですし。

また、他の子連れの参加者たちが、どんな格好をしてどんな持ち物を持って、どんなふうに子どもに接しているのかも非常に勉強になります。


そんな中、こんな「祭り」と「学び」の場がビジネスシーンにもあったら良いなと、ふと思ったんですよね。

何というか、言ってしまえば「セミナーフェス」みたいな。

調べると、小規模で似たようなことをしている人はいるんですが、あくまで主催者と客という組み合わせなのでちょっと違うんですよね。

僕がビジネス系セミナーを嫌いな理由は「あとはあなた次第です」の代表格のコンテンツだからです。

ただ単に「情報を獲得するため」とかであれば全然良いんですが、「このセミナーに参加すれば〇〇できる」みたいなのは、成果を追うべき立場にあるコンサルタントとしては違和感しかなくて。

でも、今のご時世、対面で情報を正しく円滑に伝えたりするためにはパブリック・スピーキングのスキルは必要じゃないですか。

先日の吉本の社長の会見を見ても、あれだけの役職や社会的立場にあっても、喋るスキルが著しく乏しいと自体は悪化をたどるだけ、最低評価の烙印を押されるわけです。

やっぱり人前で喋る能力って大事だなと思った人も多いはず。


無責任な(ビジネス系)セミナーなんてやるもんじゃない、でも喋る場数を経験することは大事だというジレンマ。

そこで考えたのが、セミナー参加者も後にセミナー主催者になることを前提とした場をつくったら面白いんじゃないかと。

フェスって、アーティストがいてオーディエンスがいるじゃないですか。

この関係性は変わらないわけです。

しかし、そこで終わらすのではなく、「演奏したいヤツは持ち時間あげるからステージに上がってこいよ!」っていうスタイルのフェスにしてしまエバ良いんじゃないかなと。

言ってしまえばそれをセミナーバージョンでやるということです。


セミナー参加者としては、情報が手に入ればそれで満足かも知れません。

が、自分でビジネスをする人って、お客さんを良い未来に連れて行くという役割があるので、そこで満足してはいけないわけじゃないですか。

前述したように、人前で正しく円滑に「自分らしく(自分の言葉で)」情報を伝えなければならないわけです。

ビジネススタイル的に伝える必要はなくても、もし伝えることができれば世界は大きく広がります。

そにために客を客で終わらせない。

そうすれば、セミナーをする(したい)人にとっても、セミナーに参加する(したい)人にとっても、セミナーというものにもっと価値が出るのではないかなと。

で、大事なポイントとしては、

①小規模であること
②失敗できる場所であること
③フィードバックがあること

というこの3つで、表層からはわからないこの3つのポイントの裏にある真の意図を続きで話していこうと思います。

ちなみに、続きがセールスレターになっているわけではありません。

おそらく、こういった考え方とかアイデアって、共有すれば他でもどんどん生かせるなと思ったので、この記事が誰かのひらめきのきっかけになればなと思った次第です。

反応が良ければ、セールスレターはまた後日書くので、アイデアコンテンツとして続きを読んでいただければ。

①小規模であること

この続きをみるには

この続き:2,245文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊コンサルnoteでは、最新月の全ての記事(特集マガジンを除く)が月額1500円で読めます。毎月500円の記事を3記事以上読んでいただける方にはこちらの方がお得です。前月以前の記事に関しては単品か各月の月刊号で購読してください。

月刊コンサルnote

月額1,500円

この定期購読マガジンのコンセプトはひねくれた「コンサル視点」。 異端児はみんなひねくれていますからね(笑) で、「コンサル視点」と...

または、記事単体で購入する

セミナーフェスで心を裸にできたなら

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはプレゼント企画でガンガン還元していくので、https://twitter.com/FACTDEAL でチェックしておいてくださいね!

うれしい...(*ꆤ.̫ꆤ*)
2

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタントです。メインブログ👉http://change-consul.factdeal.co.jp/

月刊コンサルnote

この定期購読マガジンのコンセプトはひねくれた「コンサル視点」。 異端児はみんなひねくれていますからね(笑) で、「コンサル視点」とは何かと言うと、「コインの裏表だけではなく側面を見る」ということに尽きます。 これができるようになると、普段の姿がスーパーサイヤ人でいるこ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。