マーケティングとストーリーの関係
見出し画像

マーケティングとストーリーの関係

マーケティングのシナリオを考える際にストーリーの話がよく出てくるんですが、なぜストーリーを活用すると良いのかというと、一貫性を持って商品説明がしやすく(書きやすく)なるからです。

また、人はストーリー仕立てにして話をされると、その内容に集中でき理解も深まるという習性があるので、ストーリーテリングを用いたマーケティングは効果的です。

で、そもそも商品説明というのは、自分自身や自分の商品の強みを伝える行為で、対象者の役に立つ商品である、今すぐ手に入れるべき商品であることを説明するフェーズなんですね。

なので、ストーリー仕立てにして上手く伝えることによって、効果的なブランディングを行うこともできるわけです。

マーケティングもしながら副産物としてブランディングもできてしまうと。


そもそもブランディングとは、牛の持ち主が「これは自分の牛だ」と牛に焼印を押して周りに認知させるために使ったのが発祥なんですが、要はこれは「誰」の売り物かということをわからせるためにブランディングというものをしているわけです。

なぜブランディングすることによってマーケティングが有利になるのかというと、その「誰」というの部分に信頼が生まれるからなんですね。

商品を売っている人が信頼できる人だとわかっていれば、その商品自体の価値は自然と上がるわけですから。

高級ブランド品のブランディングも、重宝がられるのは、そのブランドが長年築いてきたストーリーがあるからです。

今までどういった商品を提供してきて、どういった人たちに愛用されてきたのかという、会社や創業者が築いてきたストーリーがあるから、初めてそのブランド品を買う人でもその商品に対する信頼があるわけですね。

解説かストーリーか

この続きをみるには

この続き: 1,877文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnote大全(https://note.factdeal.co.jp/m/m00533a2cda28)では過去の全てのnoteが読めるので、そちらもぜひ!

コンサルnote大全(https://note.factdeal.co.jp/m/m00533a2cda28)では過去の全てのnoteが読…

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

または、記事単体で購入する

マーケティングとストーリーの関係

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/