将来の売上を作る新しい方程式
見出し画像

将来の売上を作る新しい方程式

売上 = 客数 × 単価 × 購買回数

という方程式はあまりにも有名ですが、マーケティング的な話をするとこれは少し違ってくるんですね。

実は「客種」という要素が存在するんです。

売上 = 客種 × 客数 × 単価 × 紹介数

言ってしまえば、自分のビジネスに間接的に関わってくれる人をどれだけ巻き込んで、どれだけの人を同時に幸せにできるのかという考え方です。


AというあなたがBという目の前のお客さんだけを相手にする場合、利害関係というのは「A ⇄ B」、つまり価値を提供してその対価をいただくという、ごく一般的な商売のカタチになります。

一方で、Aというあなたが、目の前のBというお客さんだけではなく、Bを求めているCというお客さんとの接点を作ることができたとすると「A ⇄ B ⇄C ⇄ A」という利害関係を作ることができます。

それぞれが価値を提供しあってそれぞれが対価(金銭に限ったことではなく)を得るということですね。


ビジネスが軌道に乗ると、多くの人はさらに売上や利益を増やすために、

・客数を増やす
・単価を増やす
・リピート率を高める


という方程式のパーツ、つまりセオリーを強化する行動を取りますし、もちろんそれは間違いではないです。

が、客種を増やす、関係者を増やすという舵の取り方もあるのです。


実際、僕はある時から自分の商品やサービスの販売数を最大化していくのはやめて、舵をそちら側に切ったんですね。

理由は単純明快で、これからの時代を考えたときに「お客さんをシェアする」「お客さんをつなげる」ことの方が良いと思ったのと、個人でもそれをできる時代が来たからです。


じゃぁ、どうやってその立場で商売をして、それをすることでどんなメリットがあるのかということを解説していきます。

自然にやっている人もいると思うので、そういった人はリマインドがてらに読んでいただければ。

「客種」を増やすことのメリット

この続きをみるには

この続き: 2,976文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

または、記事単体で購入する

将来の売上を作る新しい方程式

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/