コンテンツの「中身」の判断の仕方
見出し画像

コンテンツの「中身」の判断の仕方

ハットリシンヤ

Twitterで流れてきたこのツイート。

要するに、「コンテンツは中身が大事」とは言うものの、「中身」ってなんやねんっていう話で。

まぁ、そもそもコンテンツという言葉が、直訳すると「中身」なので、

中身が良い=コンテンツが良い

ということになるんですが。

じゃぁ、「良いコンテンツとは何なのか?」という疑問が湧いてくると思いますし、上記のツイートのように非常に抽象度の高い要素になります。

そこをもう少し掘り下げて、販売者目線、そして購入者として何を見て見極めれば良いのかについてお伝えしようかなと。

コンテンツのボリューム

この続きをみるには

この続き: 2,574文字
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
ハットリシンヤ
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/