これからTwitterをがんばろうと思っている人へ
見出し画像

これからTwitterをがんばろうと思っている人へ

ここ数年、オンラインサロンを運営して感じていたこと。

サロンメンバーの中には僕が足元にも及ばない百戦錬磨の社長さんや経営者さんがいるんですが、SNSにはノータッチの人が多いんですね。

やっていてもメルマガやFacebookだけで、Twitterをガチっている人は少ないですし、さらに言うとブログを書いている人なんてほぼいません。

もちろん、Twitterやブログは必須ではないですが、皮肉にも「次の一手が欲しい...」と言う人が「やらなきゃいけないと思ってたんですけど...」と挙げるのがTwitterやブログなんですね。

必要性は薄々感じてはいるものの、なぜか苦手意識を持っている人が多く、今まで避けてきたというパターンが多いということです。


何が言いたいかというと「必要だと思っているなら先延ばしせずに早くやった方が良いですよ」ということです。

Twitterやブログは一晩でどうにかなるものでもなければ大量のコンテンツを一気に投入すれば良いというものでもなく、コツコツ継続することで信頼関係を築いていくものなので、早ければ早い方が良いんです。

ただ「何をつぶやけば良いのかわからない」「何を書けば良いのかわからない」とすぐに頓挫してしまう人は多いのが現状で。

何年も経営をしてきているわけなので、普通に考えれば発信することが無いなんてことはあり得ないんですが、ある要因が足かせになっているパターンが多いんです。

それは何かという「相手が見えない」ということなんですね。

例えば、オフラインをメインにビジネスを続けられているということは、営業的要素、つまり、目に見える相手がいるということであり、レスポンスもあるということです。

そして、そのほとんどが口コミによるものが多いです。

また、企業の多くはメルマガを配信していますが、その場合も必ず相手がいて、その人たちに情報を直接届けることができます。

つまり、営業など「プッシュ型のビジネス」に慣れてしまっているので、相手が見えない(見えにくい)SNSを含むオンラインでの情報発信にモチベーションを維持しづらいんですね。

動いたら(発信をしたら)すぐに反応や成果が得られるわけではないですし、続けたところでリターンがあるかどうかがわからないからです。

なので「Twitterのアカウントは作ったんですが何をつぶやけば良いかわからなくて...」「ブログは立ち上げたんですが放置してしまっています...」という声を良く聞きます。


図星の人も多いんじゃないですかね。

SNSに力を入れなくても何とかなってきた、ブログなどの情報発信なんて必要ないと思っていた。

けど、このままじゃダメだと思っているし、この先も息の長いビジネスをしていくためにはSNSやブログを育てた方が良いに決まっていることはわかっている。

という状況の人に向けて今回の記事は書きました。


今からTwitterをやる場合、何を考えて何からすれば良いのかをステップバイステップお伝えしていきます。

ブログに関しても触れますが、主にTwitterに関して。

で、巷に溢れる「フォロワーを増やす方法」とかそいう話ではありませんが、この手順で進めていけばフォロワーは勝手に増えていくかなと。

STEP1:最初からコンセプトを固めない

この続きをみるには

この続き: 3,866文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

過去のTwitterノウハウの投稿をまとめたものです。今後もTwitterノウハウの投稿はこちらにも追加していきます。

または、記事単体で購入する

これからTwitterをがんばろうと思っている人へ

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/