見出し画像

「負けた経験」は本当に財産になるのか?

けっこう幅広い年代で読まれている漫画「スラムダンク」の名言で、

「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる

というのがありますが、これはビジネスの世界でも非常に重要で。

ただ、スラムダンクという漫画の熱さ、スポーツの話からすると、今回の話は一見情けない話に聞こえるかもしれませんが、「そういう考え方もあるんだな」くらいの感じで受け入れていただければ。

スポーツにおける「負け」という財産は、反骨精神だったり、バネだったり、(再挑戦の)モチベーションだったりします。

が、ビジネスにおける「負け」という財産はちょっと違うよねという話。

ビジネスの置ける「負け」の財産は大きく2つあるので、ぜひ確認してみてください。

勝てる相手としか戦わない

この続きをみるには

この続き:2,584文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

「負けた経験」は本当に財産になるのか?

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!全力で息子のお菓子かオモチャを書います(ʘʖ̮ʘ)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください(ʘʖ̮ʘ)
8

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタントです。メインブログ👉https://change-consul.factdeal.co.jp/

月刊コンサルnote

この定期購読マガジンのコンセプトはひねくれた「コンサル視点」。 異端児はみんなひねくれていますからね(笑) で、「コンサル視点」とは何かと言うと、「コインの裏表だけではなく側面を見る」ということに尽きます。 これができるようになると、普段の姿がスーパーサイヤ人でいるこ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。