共感性で戦うべきか憧れ性で戦うべきか
見出し画像

共感性で戦うべきか憧れ性で戦うべきか

ビジネスリーダーになろうと思っている人にとって「共感性」と「憧れ性」は外せない要素になります。

悪く言えばいちコミュニティの「教祖様」になりたい人ですね。

あえて名前は出しませんが、ビジネス系の教祖様と言えば何人か思い浮かぶと思いますし、もしかしたらあなたもその教祖様にはりきってお布施を納めている最中なのかもしれません。


で、教祖様にならないなら「共感性」と「憧れ性」は必要無いのかというとそういうわけではありません。

ビジネスをする上では特に「共感性」は必要ですし、もちろん、ビジネスモデルによっては「憧れ性」が必要な人もいると思います。

じゃぁ、どんな立場、あるいはどんなビジネスをする場合にこれらが必要なのかという話を今回はしていこうかなと。


このテーマでこれまでも何回か記事にしているんですが、時代や状況、あるいは僕の考え方が変化すれば、その意味も変わってきます。

アップデートとすると言った方がわかりやすいですかね。

例えば、共感させるのは正の感情だけではないですし、憧れさせるのも単に情弱を集める意図だけではないのです。

共感性

まず「共感性」ですが、お客さんに共感させるというのは商品やサービスを提供するあらゆるビジネスにおいて必要です。

あらゆるビジネスは、何かしらの共感によって集客しているわけですから。

例えそれが「意外性」のある商品だったとしても、あるいは「嫌悪感」を示す商品だったとしてもそれらに共感していることになるんですね。

共感というのは、その文字通り「他者と喜怒哀楽の感情を共有すること」なので、事象に対する感情は何だって良いわけです。

さらに言うと、もしその商品が嫌いだったとしても、販売者の意図が「一定数の人に嫌悪感を示してもらうこと」であれば、それは販売者に共感をしてしまっていることになるんですね。

販売者が「一部の人にとってムカつく商品だろうな、オレもそう思うし」と思って世に出しているのであれば、まんまと策にハマっているわけです。

SNS等で「こんな商品ありえない」「こんな商品誰が買うの?」などと発信してくれれば「え、なんで?めっちゃ良いやん」という人にも届くので。

そういったアクションを起こしてもらえれば、販売者からすれば計算通りですし大成功です。

明らかに誰かを傷つけるつもりであるとか、炎上狙いはダメですが、賛否が起こるのであればそれは大いに活用すべきであり、共感は正の感情だけではなく負の感情も入れ込むのもありだということですね。

宗教ってそうじゃないですか。

批判する人がいるからその宗教の認知が広まっていき、それだけではなく「あいつらは敵だ!」と教祖と信者の絆がどんどん強まっていくわけです。

iPhoneだって新型が出る度に賛否が起こりますよね。

絶対に買わないアンチ層は必ず一定数いますが、その批判情報がきっかけになり、それを補うべく買う理由をたくさん探して購入に至る人は多いです。

信者は無条件で買い、迷っている層、知らない層は批判情報がきっかけとなって購入に至る場合は往々にしてあるということですね。

マーケティングにおいて、拡散性と関係性を強めたいのであれば、単に「それわかる」と思ってもらうだけではなく「ありえない」と思ってもらうことも想定して「共感性」で求心しましょう。

この続きをみるには

この続き: 1,527文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnote大全(https://note.factdeal.co.jp/m/m00533a2cda28)では過去の全てのnoteが読めるので、そちらもぜひ!

コンサルnote大全(https://note.factdeal.co.jp/m/m00533a2cda28)では過去の全てのnoteが読…

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

または、記事単体で購入する

共感性で戦うべきか憧れ性で戦うべきか

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/