見出し画像

モチベーションとの正しい向き合い方

2020年の目標を立てて各々進んでいると思うんですが、新年が始まって10日、そろそろモチベーションが低下してきている人も多いかと。

それもそのはずで、目標を掲げた時がモチベーションMAXで、次に新たなモチベーションが湧き上がってくるのは、基本的には「成果を出した時」でしかないからです。

もちろん、プロセスが楽しい場合などは、それをやること自体がモチベーションになるので問題ありません。

というか、そういうプロセスを選ぶことこそが大事で。

極論ですが、「これをやっているだけで楽しいし、毎日が充実しているから別に明日死んでも良い」と思えるようなプロセスをチョイスするということですね。

あるいは、「人の役に立つこと、世に残ることをやっているから別に明日死んでも後悔しない」とか。

これはいわゆる「逆算思考で今を生きる」という考え方です。

目標は設定しつつも、それを達成するためのプロセスに関してはダルいことではなく楽しめること情熱を注げるもの、やりがい感じられるものチョイスしましょうということですね。

いくら目標を明確にしても、目標の達成の欲望が強くても、プロセスがダルいと続かないんですよ。


中には目標達成のために苦行に耐えられる人もいるんですが、それはかなりレアな人で、どんなことにも揺るがないエゲつないモチベーションがあるか、そもそも努力に対しての圧倒的な才能がある人くらいで。

努力に対しの圧倒的な才能というのは「根性」という要素だったり、もともとダルいプロセスを創意工夫に酔って楽しめるようにできる能力ですね。

ただ、目標達成までモチベーションを維持できるようなプロセスをチョイスするのは難しいですし、努力の才能もすぐに身につくものではありません。

まぁ、一昔前に比べればプロセスの選択肢は急増したので、文字通り「好きなことで食っていく」ことのハードルはかなり下がりましたけどね。

それでも「モチベーションのコントロール」は個人で食っていく上で永遠の課題だったりしますし、実際それができずに挫折を繰り返している人も少なくありません。


ということで、このタイミングで挫折を回避するためのモチベーション管理法をお伝えします。

上手くいっている人は無意識にこれができていたりするんですね。

努力の才能がなくても、感情論を一旦置いておいて「モチベーション = 動機」であるということをシステマチックに理解できれば、挫折することが激減するので、ぜひ試してみてください。

最悪の数字は「1」である

この続きをみるには

この続き: 2,344文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

モチベーションとの正しい向き合い方

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!いただいたサポートは全て息子のお菓子かオモチャにまわります( ˙³˙)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください( ˙³˙)!
9
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/

こちらでもピックアップされています

月刊コンサルnote
月刊コンサルnote
  • ¥1,500 / 月

コインを裏表ではなく横から見ることができる『コンサル脳』を鍛えるための定期購読マガジンです。普通の人とは違う考え方や切り口を手に入れたい人はぜひ。noteの更新は毎週火曜日と金曜日の午前9時を予定しています。詳細はこちら👉https://note.factdeal.co.jp/n/nd7c8774cabb1 また『コンサルnoteのサークル(https://note.factdeal.co.jp/circle)』でも同じ内容が配信されるのでお好きな方を選んでください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。