見出し画像

お客さんの大事な人の幸せ

この『コンサルnote』はコンサルタントやマーケター、あるいはそういった思考や視点を身につけてビジネスに生かしたい人に多く読んでいただいていると思うんですが、読んでいただく上でちょっとしたコツがあります。

それこそがコンサル思考やマーケティング視点とでも言いますか。

コンサルタントやマーケターが一般的なビジネスと大きく異なる点であり肝でもある部分ですね。

別に難しい話ではないので答えを言ってしまうと「クライアントのお客さんのことまで考える」ということです。

キレイゴトのように聞こえるかもしれませんが、要はクライアントだけではなくクライアントのお客さんのことまで幸せにするつもりでなければコンサルタントやマーケターは務まらないということです。

例えばフリーランスのコンサルタントであれば、

C to B to B
C to B to C
C to C to B
C to C to C

というイメージでしょうか。

フィーが良ければどんな依頼でも受けるコンサルタントやマーケターはけっこういるんですが、クライアントに「その商品はあなたのお客さんを幸せにするんですか?」を言及したり苦言を呈したりする人は少ないです。

しかし、これはクライアントに正しく長く成果を出してもらうための最低条件であり、常に見ておかなければならない視点なんですね。

あなたの扱っている商品やお客さんのことはよく分からないが、とりあえず集客します、売上をあげます...じゃぁダメなわけですよ。

ブラックスワンによって多くのビジネスが供給過多になっているこんな時期はなおさら、コンサルタントやマーケターは販売者が利益を得るだけの商品を無差別に投げつける手伝いなんてしてはいけないんです。

減少している需要を無理やり引き起こそうとすると、恐怖や不安を煽るようなナンセンスで利己的なアプローチしかできず、結果として自分の首を締めることになります。

逆に、積極的な支援や貴重な情報共有といった利他的なアプローチをすることで業界の評判を上げることができますし、それを先導した人も業界内外から評価を得られます。

ピンチはチャンスの本当の意味はこれなんですね。

少なくともコンサルタントにとっての「ピンチはチャンス」というのは、ピンチになっている人の状況をチャンスに変え、結果として業界の評判が良くなり自分も商売しやすくなると。

誰かが不幸になっていても自分さえチャンスを得られれば良いというのは、誰かの不幸(ピンチ)を利用して儲けるのと一緒ですからね。


Twitterを見ていると見事に二極化しています。

どんな状況においても自分さえ稼げれば良いと思っている人は、普段と変わらぬ平常運転で「稼ぐ系」の話ばかりをするどころか、恐怖や不安を煽って弱者からお金を巻き上げようとしています。

一方で、世の中や業界が良くなるように動いている人もたくさんいて。

まぁ、利他のために動くフリをして自分の懐を見たそうという魂胆の人もたくさんいますが...。


少し話がずれましたが「クライアントのお客さんのことまで考える」というのはコンサルタントやマーケターにとって常識です。

じゃぁ、目の前のお客さんとだけ商売をしている人は関係ない話なのかというと、そんなこともないんですね。

そんな一歩も二歩も踏み込んだ概念は関係無いと思っていて「目の前のお客さんを満足させることに全力です」という人こそ「お客さんの向こう側」を見るという視点を知って欲しいです。

こんな世の中だからこそ、それがビジネスを継続するポイントになります。

コンサルタントやマーケターのそれとはまた少し違う考え方ではありますが、あなたが特定少数のお客さんとビジネスをしているのであれば知っておいて損は無いと思います。

お客さんの向こう側

コンサルタントやマーケターと違い、目の前のお客さんだけで完結する商売をしている人の「お客さんの向こう側」という視点について。

基本的には「お客さんが大事にしている人を幸せにしましょう」ということになるわけですが、重要なのはそれが誰かということなんですね。

これは一例であり人によって変わる可能性もありますが、ビジネスにおいてはまず「お客さんの仕事仲間」がそれに当たります。

が、この人を大事にしている人はあまりいなくて。

要するに「どうすればお客さんの仕事仲間を幸せにできるか」ということなんですが、これって考えたことありますか?

お客さんがゴリゴリのニートか大富豪のボンボンでもない限り、必ずオフラインなりオンラインなりの仕事場が存在するわけですし、その場というのは人生においてとても重要な場所であり環境なのは言うまでもなく。

日本で生きていく限り、自給自足の生活をしていてもはお金は必要ですし、そのお金を稼ぐためには働き続けなければならないですからね。

であれば、その働く環境でのステータスや信用が人生を左右するので、仕事仲間との関係性を向上させてあげること、つまりお客さんの仕事仲間を幸せにしてあげることは人生における大事なミッションの1つと言えます。

このロジックを理解した上で「じゃぁお客さんの仕事仲間を幸せにするには?」を考えるわけです。

大事な人を見つける

昨今ではリモートワークが増えているのでオンラインでの話をメインにしていきますが、オフラインにも簡単に置き換えられるので同じ流れで進めてみてください。

オンラインの環境ではTwitterなどのSNS を活用します。

例えば、お客さんとTwitterでつながり、その人のTLを少し観察すればどんな人とやりとりをしているのか、そのお客さんにとって仕事上の重要人物(になりそうな人)は誰かが見えてきます。

まずはお客さんが大事にしている人を見つけるんですね。

そしてあなたのお客さんをAさん、そのAさんの仕事上の重要人物(になりそうな人)をBさんとすると、Bさんとも積極的につながり、Aさんに関する自分なりの評価を伝えてあげると。

そうすることでBさんはAさんの新たな魅力に気付き「この人はこんなに評価されていて凄いな」「こんな人と仕事できるなんて幸せだな」と喜んでくれるんですね。

結果として結果としてそれはAさんの評価にもつながります。

シンプルに言うと「この人はスゲー仕事できるし、人としても最高だよ!」ということを伝えるべき人にしっかりと伝えてあげるということですね。

Twitterでは「この人はフォローすべき!」みたいなRT公開レビューやステマっぽいものは良く見ますが、そういうアプローチではなく。

例えば「〇〇さんのこういうスキルって抜群に凄いですよね」という具体的なリプを特定少数の人にすることで、信憑性が高くかつ正しい評価をお客さんに積み重ねてもらうわけです。

Aさんの評価=あなたの評価ではありません(そういう見せ方をする人もいます)が、Aさんが正しく評価され続けることであなたとAさんは良いビジネス関係を続けることができるんです。

そういった関係性のお客さんと狭く深くつながることで、結果としてあなたのビジネスも息の長いものになるというわけですね。

ビジネス外のアプローチ

この続きをみるには

この続き: 1,370文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

お客さんの大事な人の幸せ

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!いただいたサポートは全て息子のお菓子かオモチャにまわります( ˙³˙)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください( ˙³˙)!
5
マーケティングコンサルタントをやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/

こちらでもピックアップされています

コンサルnote大全
コンサルnote大全
  • 424本
  • ¥48,000

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。