見出し画像

尖った発信をしたいけど炎上はしたくない人のためのマル秘テクニック

情報発信(ブログやTwitter)において、認知されるためには「批判されても良いから、思っていることをストレートにズバッと自分の意見をぶつけるべきだ」という意見があります。

もっと言うと「炎上を恐れてはいけない」と。

まぁ、これは確かにその通りで、情報発信を生業として食っていきたい人や、情報発信を集客のきっかけにしたい人にとっては大事なことです。

ただ、必ずしも賛否が巻き起こるようなことばかりを発信しなければならないかと言うと、そういうわけではなく。

ぶっちゃけ、尖るような発信って簡単なんですよ。

誰かを敵に設定して批判を言ったり、否定をしたりするのはめちゃくちゃ簡単だし楽なことなんですよ。

自分で何かを生み出さなくてもすでに素材があるので。


僕も批判のツイートをしたりブログを書いたりすることはありますが、やっぱりイージーですし、だからこそこのコンサルnoteではそういった類の記事は書かないようにしているというのもあるんですね。

誰かがすでに発信していることに対してあーだこーだ言ったとしても、代替案を出したとしても、それは楽をしていることになっちゃうので。

常に誰かに便乗しなければ何も語れないということになりますからね。

なので、基本的には自分の実体験からくる「一次情報」にこだわったコンテンツで勝負しようとしているわけです。


ただ、まだ経験を語れない状態で、一次情報を出せるかというと難しいですし、かと言って物議を醸すような発信で炎上を狙うのもリスクが高い。

でも、このままの弱い発信で多くの人から注目されるようになるのかというとぶっちゃけ難しいですし、インフルエンサーなどを目指すのであればなおさらでしょう。

よほどコンテンツ内容に特異性がない限り、

インフルエンサーを目指さないにしても、誰も傷つけないことばかりを考えてしまうと発信は極端に弱くなり、発信すること自体が意味を成さなくなってしまいます。

じゃぁ、どうすれば良いのかのヒントが下記の動画の中にありました。

矢野・兵動の兵頭さんですが、まさに「誰も傷つけない笑い」を実践していて、下記の動画の最後でもその信念が伝わってきます。


情報発信者としてもめちゃくちゃ参考になるので、時間がある人はぜひ全編観ていただきたいのですが、要は「イジってオチをつけるのは良いけど、ちゃんとフォローも入れましょう」ということです。

フォローせずにオチでスパッと終わるの方が尖る印象は残るけど、フォローを入れることで丸くはなるけど誰も傷つかずにまとまると。

この人凄いなと思うと同時に、これは情報発信者としても大事だなと自戒モードに入りました。


ここから何を学ぶかなんですね。

お笑い芸人を目指すわけではないので、随所で笑いを入れろとか必ずオチをつけなければならないということではなく。

お笑いではなく情報発信者バージョンで掘り下げていきましょうか。

この発信によって誰が喜ぶのか?

この続きをみるには

この続き:1,843文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

過去のブログノウハウの投稿をまとめたものです。今後もブログノウハウの投稿はこちらにも追加していきます。

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

尖った発信をしたいけど炎上はしたくない人のためのマル秘テクニック

ハットリシンヤ|マーケター

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!全力で息子のお菓子かオモチャを書います(ʘʖ̮ʘ)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください(ʘʖ̮ʘ)
4
マーケティングコンサルタントやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ザックリ自己紹介👉https://shinyahattori.com/media/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。