セールスレターを書くことで見えてくるもの

セールスレターの書き方について質問されることがあるんですが、よく「あんなに長くガッツリ書けない」みたいなことを言われるんですね。

ジャンルやカテゴリーにもよるんですが、長ったらしいのはビジネス系の情報商材のレターくらいで、ものによってはA4用紙1枚くらいでも伝えるべきことが伝えられていれば問題ありません。

ただ、セールスレターを書くこと自体が緻密なリサーチになるので、まずはガッツリ書いて、引き算していくという流れがベストです。

今回は、セールスレターの流れと概要を書いてしまうので、まずはリサーチがてらガッツリ書き込み、その中から見込み客が特に知りたいことだけに絞り込んでいってください。

1.ヘッドコピー

この続きをみるには

この続き:3,961文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

セールスレターを書くことで見えてくるもの

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはプレゼント企画でガンガン還元していくので、https://twitter.com/FACTDEAL でチェックしておいてくださいね!

ありがとうございます!これがけっこう嬉しいんですよね♪
2

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタントです。メインブログ👉http://change-consul.factdeal.co.jp/

月刊コンサルnote

この定期購読マガジンのコンセプトはひねくれた「コンサル視点」。 異端児はみんなひねくれていますからね(笑) で、「コンサル視点」とは何かと言うと、「コインの裏表だけではなく側面を見る」ということに尽きます。 これができるようになると、普段の姿がスーパーサイヤ人でいるこ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。