ハイプロダクトアウト→マイマーケットイン
見出し画像

ハイプロダクトアウト→マイマーケットイン

マーケティングのセオリーとしては「お客様目線」「マーケットイン」、そしてそのために「リサーチ!「リサーチ!」「リサーチ!」なんですが、このワンセオリーは崩壊しつつあります。

というか、別の選択肢でビジネスを成立させるアナザーセオリーが浸透してきているんですよね。

下記のようにツイートした通り、やはりSNSの力は大きいです。

まさに今のこの世は「オタク必勝ワールド」なわけでし、多くの人がそれを感じ始めていますよね。

並の努力や苦行では「特に意識することなくやっちゃってる」オタクには到底勝てないということを。


で、こういう話をすると「プロダクトアウトで商売が成り立つなんてちゃんちゃらおかしい」「マーケットインから始めなければならない」という反論は必ず起こります。

どんなにこだわって作ってもそこにニーズが無ければダメだと。

が、その思考がもう凝り固まっていて。

そもそも「プロダクトアウト」がお客さん目線ではないと思い込んでいませんか?必ずしもニーズと合致する必要があるんですか?、と。


もちろん、遊び半分、片手間のプロダクトアウトでは話になりませんが、プロダクトアウトも一定のレベルを超えると「究極のお客さん目線」になるんですよね。

中途半端なマーケットインよりもハイプロダクトアウトの時代になったとでも言いましょうか、もうこの2つの考え方に垣根を作るということ自体が古いんです。

検索の世界で生きている人

この続きをみるには

この続き: 2,971文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

または、記事単体で購入する

ハイプロダクトアウト→マイマーケットイン

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/