モチベーション

モチベーションは「上下」ではなく「有無」で管理する

僕が主宰するソロ・マーケティング部(オンラインサロン)でこんな質問がありまして。

モチベーションの維持が難しい時があるのですが、ハットリさんはビジネスや収入が軌道に乗るまでのモチベーションの保ち方で何か工夫された事などはありますか?

わかりやすいように多少は編集していますが、要はモチベーションの話。

個人ビジネスの場合、モチベーションのMAXはだいたい一番最初で、あとは下がっていくだけで、一度落ちたモチベーションを戻すのはなかなか難しいんですね。

もちろん、必ず絶対そうだとは言いません。

が、例えば、恋愛を思い浮かべてもらえれば基本的にそうであることがわかります。

付き合えるか付き合えないかの時がドキドキMAXじゃないですか。

それ以降、良い関係を長く続けていこうと思ったら、絶対に他の人ではダメなポイントがあったり、お互いの新たな魅力を発見していったり、工夫していったり...といったことが必要になります。


ここまでの話で、下がったモチベーションを無理やり上げようとがんばること自体が愚策だということがわかるでしょう。

ビジネスも恋愛も、情熱があって自分がそうしたいからするわけなので、モチベーションが下がった時点で、選択肢は2つしか無くなります。

・ビジネス(恋愛)を諦めるか
・モチベーションを捨てるか

情熱や気持ちがついてこない、あるいはいつ復活するかわからない、復活させる方法もわからないものをいつまでもずるずると引きずっていても何も良いことはありません。

そういう場合は「その程度だった」とさっさと諦めます。

で、諦めたくなければ、下がったモチベーションを捨ててしまい、新たなモチベーションを見つけます。

つまり、モチベーションは「上下」させるものではなく、「有無」で考えるということですね。

あればOK、無ければ捨てると。


もう少し具体的な話をすると、モチベーションというのは「動機(づけ)」であり、行動する指針や理由となるものです。

例えば、「月収100万円を稼ぐ」という目標に対して、もしそのモチベーションが1つしかなかったら、その1つのモチベーションが失われたらしまったら終わりです。

言ってしまえば「モチベーションの低下=動機の喪失」なので。

そうなってしまわないように事前に対策をしておかなければならないわけですが、じゃぁどうすれば良いのかというと、

①モチベーションを言語化しておく
②モチベーションを複数用意しておく
③段階的にモチベーションを変えていく

という3つが必要になります。

この続きをみるには

この続き:1,752文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

モチベーションは「上下」ではなく「有無」で管理する

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはプレゼント企画でガンガン還元していくので、https://twitter.com/FACTDEAL でチェックしておいてくださいね!

ありがとうございます!これがけっこう嬉しいんですよね♪
4

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタントです。メインブログ👉https://change-consul.factdeal.co.jp/

月刊コンサルnote

この定期購読マガジンのコンセプトはひねくれた「コンサル視点」。 異端児はみんなひねくれていますからね(笑) で、「コンサル視点」とは何かと言うと、「コインの裏表だけではなく側面を見る」ということに尽きます。 これができるようになると、普段の姿がスーパーサイヤ人でいるこ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。