見込み客から「100%の信頼」を勝ち取る最強の信頼獲得法
見出し画像

見込み客から「100%の信頼」を勝ち取る最強の信頼獲得法

ハットリシンヤ

メルマガで、「ビジネスにおいて何に困っていますか?」というアンケートを取ると、集客と同じくらい決まって票数が多いのが「セールス」です。

「セールスが上手くいかない」
「セールスが苦手」
「セールステクニックが知りたい」

といったことですが、そもそも勘違いしている点があるんですね。


それは何かと言うと、見込み客が商品を購入するのは商品の魅力やセールススキル云々以前に、

「見込み客が商品を購入するのは、販売者に対する信頼があること」

が大前提だということです。


で、信頼はいつ築けば良いのか、という話なんですが、それはセールスをする前です。

このあたりがわかっていない販売者は、セールスの段階になってからガンガン信頼性をアピールしようとしてきます。

ほら、よくいるじゃないですか。

セールスレターで胡散臭いお客の声を羅列する人とか、こんなダメだった私が今では月収100万円!」みたいな自分のヒーローストーリー(経歴)を語り出す人とか。

もう典型的なアウトなパターンのやつですね。


過度な信頼アピールや煽るためのヒーローストーリーによって、一部の情報弱者は購入に至りますが、ただ「情報弱者=非論理的、感情的」なので、そんなお客さんを集めたところでリスクしかないわけです。

成果は出でないわ、それを人のせいにするわ、といった人種なのでムダな対応コストに追われたり、自身のステータスを下げることに直結します。

なので、信頼を築いた上で、セールスをする必要があるんですね。


で、信頼を構築する方法としては、よく知られているのが「証拠の提示」ですね。

・目に見える実績
・権威からの推薦
・お客さんの声

といったものが一般的でしょうか。


ただ、これらはあくまでも間接的なものであり、バーチャルに受け止められる可能性もありますよね。

僕が、「今月の月収は500万円です!」と言って、通帳の振込額やアフィリエイト実績のキャプチャ画像を見せたところで、そんなものはいくらでも偽装や加工できてしまいますから。

そういったものを見せる場合も、事前に信頼があってこそです。

コンサル系の権威の推薦やお客さんの声は9割がやらせですし(笑)


じゃぁ、どうすりゃ良いんだよっていう話ですが、見込み客に100%信頼させる方法が1つだけあるんですね。


まぁ、普段から僕の情報発信に触れている方であれば「ああ、あの方法ですね!」とすぐにわかると思います。

僕自身もこの方法で信頼を得ていますし、ブログやメルマガの常連読者さんもこの最強の信頼獲得方法を使っているはずです。


100%信頼させる最強の方法、それは、

この続きをみるには

この続き: 1,271文字
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
ハットリシンヤ
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/