コンサル_情報発信

コンサルタントと「尖った情報発信」のジレンマ

一定数の意見ですが、コンサルタントとエッジの効いた情報発信は相性が悪いと言われることがあります。

これはなぜかと言うと、コンサルを実施し、実績としてクライアントの声を提示するようになると、過激な情報発信をしているとクライアントに迷惑がかかるから、というもの。

確かに一理ありますし、現に僕自身コンサルタントですし、尖った発信もするので、

「コンサルタントとしてその発言はどうなのか?」
「会社の社長としてその言葉遣いはどうなのか?」

とツッコミを入れられたりします。

ただ、最近の風潮として、「そんなことはいちいち気にするな」とか「批判を恐れず好きなことを発信しろ」というのがあるので、ガンガンいけば良いというのもありますよね。

こんな時、あなたならどうするか?

というのが今回のテーマなんですが、ぜひ一度考えてみてほしいんですね。

コンサルタントではなくても、会社の社長や個人でビジネスを取り組んでいる人にとっては共通の課題でもあると思うので。

その上で僕なりの見解を3つお伝えしようかなと。

この続きをみるには

この続き:2,367文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

コンサルタントと「尖った情報発信」のジレンマ

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはプレゼント企画でガンガン還元していくので、https://twitter.com/FACTDEAL でチェックしておいてくださいね!

ありがとうございます!これがけっこう嬉しいんですよね♪
3

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタントです。メインブログ👉https://change-consul.factdeal.co.jp/

月刊コンサルnote

この定期購読マガジンのコンセプトはひねくれた「コンサル視点」。 異端児はみんなひねくれていますからね(笑) で、「コンサル視点」とは何かと言うと、「コインの裏表だけではなく側面を見る」ということに尽きます。 これができるようになると、普段の姿がスーパーサイヤ人でいるこ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。