外注をするか自分でやるかの最適解
見出し画像

外注をするか自分でやるかの最適解

そろそろYouTubeをやろうと思って、Twitterで「誰か動画編集の家庭教師をしてください」ってつぶやいたら、ある方から「自分でやるんですか?外注すると思ってました」とリプがあったんですよね。

まぁ、それが一番楽ですし手っ取り早いんですけど、僕のビジネスのスタンス的にそれは無いんです。

動画編集に限らず、とりあえずは自分で全部やります。

外注するのはそれから。

今までもそうしてきましたし、それが僕の中で最適解だったので、そのスタンスを継続しているという感じですね。

その理由に関してかはこれから話していこうと思うんですが、基本的には僕からしても外注される側からしても大きなメリットがあるからです。

もちろん、自分でやることによって「限られた時間を使う」というデメリットはありますし、大半の経営者やコンサルタントは「さっさと外注して自分のやるべきことに集中すべき」と言うでしょう。

が、そんな小さなデメリットを打ち消すどころかメリットの方が大きいので僕は自分でやっているんです。


ただ、この考え方が理解できない、共感できない人も多いかと思います。

仕事は変な感情を入れず、あくまでドライな関係性でやりたいという人などはそうかなと。

ただ僕は、サラリーマンコンサル時代に教えられらた「アタマはCOOLに、ココロはHOTに」で自分に対しても相手に対しても仕事がしたいので、外注に関してこのように考えているという話です。

なので、そういった価値観やお客さんとの関係性を作ることに共感してもらえる人にだけ読んでいただければ。

外注ではなくパートナーとして

この続きをみるには

この続き: 3,907文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

または、記事単体で購入する

外注をするか自分でやるかの最適解

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/