ステップメールが持つ4つの重大要素
見出し画像

ステップメールが持つ4つの重大要素

ブログの方でメルマガの話をガッツリ書いたんですが、最後の方に少し触れたステップメールのノウハウを少し。

というのも、ステップメールの話をすると「ブログもまともに書いてないのに」「Twitterもロクにやってないのに」みたいな感じで、まだまだ先の話だと思っている人が多いんですが、いや、違うんですよ。

そういう人こそ最初にステップメールを作るべきなんです。

という話をすると「???」となると思いますが、ちゃんと説明していくので読んでいただければ。


僕も最近まではあまり推奨していなかった方法なんですが、この方法で成果を出す人が増えてきたので、ノウハウとしてまとめておこうかなと。

最初に試行錯誤することによって、なんだかんだ言って最短でビジネスを軌道に乗せられるますし、長く続けることができるんですよね。

ステップメールが持つ4要素

大きく分類するとステップメールというのはメルマガに分類されるんですが、実は「コンテンツ」に分類されるんですね。

フロントエンド商品を売るためにステップメールを組みましょうと言われますし、そういった指導をする人が大半なんですが、その考え方だとそもそもフロントエンド商品は売れません。

それではただの広告宣伝になってしまいますから、その考え方では今後どんどん反応率は下がっていきます。

そうではなく、ステップメール自体がそれ単体で販売できるくらいのコンテンツやカリキュラムでなければならないんです。

基準としては「これはお金もらわなければやってられない」というレベルのコンテンツをステップメールで配信するということです。

フロントエンド商品に誘導するためというよりかは、ステップメールのカリキュラムで基本的な問題解決をしてあげて、さらなる選択肢としてフロントエンド商品を提案するという流れですね。

コンテンツであり、メルマガであり、プロモーションであり、(ニーズに沿ったフロントエンド商品を提供するための)リサーチでもある、これら4要素を含むものがステップメールだということです。

なので、ステップメールを早い段階で作ってしまうことでビジネスの軸やコンセプトが決まり、ブログやTwitterでの発信がしやすくなるんですよね。

これは意外と知られていない事実です。

ということで、このことを頭に入れてぜひ読み進めていただければ。

ステップメールの作り方(セオリー編)

この続きをみるには

この続き: 1,964文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

または、記事単体で購入する

ステップメールが持つ4つの重大要素

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/