マーケティング的遺書のマネジメント法
見出し画像

マーケティング的遺書のマネジメント法

死ぬ準備してますか(死ぬ気は無い)?

僕は日々コツコツと死ぬ準備を整えていっています...というとネガティブに聞こえるかもしれませんが、実際なそんなことは一切無くて。

自分がいなくなってからの世界がどのように回っていくかを考え、そこから逆算して人生設計をしていくことは、来年の目標を立てることよりも大事なことですからね。

ビジネスにおける逆算思考を鍛えるのにも持ってこいです。


まぁ、明日自分一人がこの世からいなくなったところで、いつも通り世界は回っていきます。

ただ、家族がいたり、仕事仲間がいたり、お客さんがいたりと、多少なりとも人に影響を与える立場にいる人は、死後も一定期間は影響を与え続けますし、完全にこの世から消え去ることはないと思います。

スピリチュアルな話とかではなくて、やはり魂や想いは残り続けますよね。

死んでしまったら無になるからイチイチそんなことを考えなくても良いだろという考えもアリだと思いますが、どうせなら良い影響を与え続けたいじゃないですか。

特に家族や友達など大事な人にはそうありたい...と僕は思います。

死後は自分が人に与える影響力やその範囲や深さをコントロールできないからこそ、生前にしっかり整えておきたいなと。


ということで、今は来年の目標を立ててワクワクする時期でもありますが、もっとディープな部分である「死ぬ準備」に関して一度深く考えてみてほしいんですよね。

きっと来年の目標もガラリと変わると思いますよ。

ちなみに、別に宗教的な話とかスピリチュアル的な話をしたいわけではなくて、僕の中では「死ぬ準備」はマーケティング的な視点の方が大きくて。

冒頭でも書きましたが、逆算思考の訓練にもなりますし、残された時間の中で、自分には何ができるのか、何を成し遂げたいのか、誰の役に立ちたいのかといった、自分のリソースや世の中のニーズと向き合うことになるので。

何が足りないのか、逆にムダなのかもわかります。


以前に遺書の話を書きましたが、その続編だと思っていただければ。

遺書マネジメント

遺書に関して、具体的にどのように管理していますかという質問をたまにいただくので、今回は管理に関する少し細かい話をしていきますね。

ちなみに、ガチの遺書に関しては遺産相続とかが絡んでくるので、司法書士さんに相談するなど、法的に正しい方法で整えるようにしてください。

僕の中途半端な知識を晒して迷惑をかけるわけにはいきませんので。

あくまで、重要な情報や伝えたい想いを家族に残すために、自分にとっても家族にとっても安全かつわかりやすく管理するにはどうすれば良いのかという話ですね。

方法はいろいろあるんですが、僕がいろいろ試したりアップデートしている中で、今のところ「この方法が良いんじゃないかな」と落ち着いている方法をお伝えします。

この続きをみるには

この続き: 1,990文字 / 画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnote大全(https://note.factdeal.co.jp/m/m00533a2cda28)では過去の全てのnoteが読めるので、そちらもぜひ!

コンサルnote大全(https://note.factdeal.co.jp/m/m00533a2cda28)では過去の全てのnoteが読…

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

または、記事単体で購入する

マーケティング的遺書のマネジメント法

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/