健康を阻害する「プライド」と「恐怖」
見出し画像

健康を阻害する「プライド」と「恐怖」

健康が大事だと気づいているのに健康にリソースを割けない(割かない)人ってけっこう多いですよね。

で、その理由というのは、僕が見ている限りみんなだいたい同じで「プライド」と「恐怖」がジャマをしていて、優先順位を狂わせているからです。


健康にリソースを割くに当たって、一番重要なのが「時間」です。

もちろん、その「時間」が確保できない理由としては、マインドやら物理的な条件やらもありますが、基本的には時間がないと何もできません。

早寝早起きをする、運動する、筋トレをする、ゆっくり食べる、栄養について学ぶ、瞑想をする、などなど、基本的にはどれも時間との戦いで、お金に関してはさほどかかりません。

まぁ、お金があれば効率は良くなる場合もありますが。

ジムに行ったり、パーソナルトレーナーや栄養管理師をつけたり、良い食材やサプリを買ったりなどですね。


じゃぁ、時間さえあれば健康にリソースを割くのかというと、今の状況でできていない人はおそらく永久にできないんですね。

仮に、明日から一日が24時間ではなく30時間になったとしても、増えた6時間を使って健康のためのアクションを起こすことはないでしょう。

むしろ、仕事を詰め込むかダラダラ休むハズです。

なぜかというと、それは冒頭でも言ったように「プライド」と「恐怖」がジャマをしていて、優先順位を狂わせているからです。


時間がない人というのは、全ての収入源が労働集約型、つまり自分が動いていないと稼げないというスタイルでビジネスをしているんですね。

労働集約型のビジネスが悪いわけではないんですが、一気に稼いでセミリタイアできるような収益性の高さがないとそうなります。

この図でいうとC領域のビジネス、最悪D領域のビジネスをしていると。

画像1


そうすると何が起こっているのかというと、労働を止められないんですよ。

生活水準を落とすことに抵抗を持つ人は多いんですが、そういう人は労働を減らして収入が減ることに対して嫌悪感を持つわけです。

まさに「プライド」がジャマをするんですね。

本来は、健康だけではなく、未来への取り組み、仕組み作り、新しい収入源の確保に時間を使わなければならないのに、目の前の景色を保つためのプライドがジャマをしてそれらを阻害してしまうと。


もちろん、そんなことはないという人もいます。

生活水準なんていつでも下げられるし、そもそも稼いでいるからといってそんな良い生活はしていないという人。

じゃぁ、なぜそういった人たちも健康を含めた未来のためにリソースを割けないのかというと、例えば、税金に対する「恐怖」があるからです。

稼ぐ ▶︎ 税金が... ▶︎ もっと稼がなきゃ ▶︎ もっと税金が...

みたいなスパイラルに陥ってしまって、どれだけ稼げても「恐怖」が付き纏うので、とにかく目先のことしかできなくなってしまうということです。

あるいは、仕入れが必要なビジネスをしている人であれば、使える経費が減るとヤバいという人もいるでしょう。

今の粗利率をキープしなければと。

健康面を何とかしないといけないのに時間に余裕がない。

もっと稼げば時間は作れるはずだ。

がんばって稼いで落ち着いたら健康のことをしっかり考えよう。

そうなるとこの負のスパイラルに陥って、健康や未来の投資に対するリソースが極少になり「できたらやる」くらいの優先順位の低さになるわけです。


健康にリソースを割くためには時間が必要で、時間を作るにはセミリタイヤできるくらいの収入、あるいは労働集約型以外の継続的な収入が必要、なのにやってることは目の前の労働集約型の仕事のみ。

この状態が続くと、近い将来どうなるかは容易に想像できますよね。


この流れはどこかで断ち切らないと、早晩詰みます。

健康を害するか、切羽詰まって収入のためにモラルを無視したビジネスに手を出してしまうとか、末路はいろいろ考えられますが。

右往左往してもがくくらいならともかく、健康を害してしまうと、サラリーマンとして再起することも不可能になります。

これはある意味ツケなんですよね。

そのビジネスを選び、闇雲にやってきてしまったツケが回ってきたということなので、どこかでそのツケを払わなければならないわけです。

このパターンの人は「仕事が好き」と自分に言い聞かせて、これまでも寝ずに働いてきている人が多いんですが、これからも本当にそれで良いのかは一度自分に問いかけてみた方が良いですね。

倒れてしまったらマジで詰むので、好きとか言ってられなくなります。

そうならないように、ずっと好きでいられる工夫はしていくべきで。

最低限の収入はキープしつつ断捨離をして仕切り直すか、タイムスケジュールを見直してそこに仕事を当てはめていくなどした方が良いですね。


まずは、このままではダメだと気づくこと。

で、危機感を持ったらいつまでもダラダラせず、何を決断していつから行動を起こすのかを決めて遂行していきましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/