見出し画像

Twitterに専門性とカジュアル性を

匿名でもTwitterで仕事を取れてしまう、商品も売れてしまう世の中になっているわけですが、一方で本名顔出しでも仕事が取れない人は一向に取れないという実情もあって。

この現象、なかなかおもしろいですよね。

素性を隠して、発信する言葉だけで人を動かして財布を開かせる人がいる一方で、信用を得ようと全てをさらけ出して発信しているのに稼げない人がいるわけですから。

まぁ、前者の商品を買う人はリテラシー的にはどうかと思いますが。


とはいえ、こういった構図が成り立っている以上、信用を獲得する上で匿名か本名かは論点では無くなってしまっているとも言えます。

その相手から購入するか購入しないにおいて匿名か本名かはどうでも良くなっていると。

じゃぁ、何が購入に至るか至らないかを分けるのかというと、一般的にはブランディングやポジショニングと言われ、そのために「フォロワーを獲得しよう」などと言われるわけです。

が、そこに行き着くまでにどうすれば良いのかについてはなかなか語られておらず、よく見かけるのは「バズる方法」「フォロワーを増やす方法」といった再現性も継続性も低い方法論ばかり。

再現性も継続性も低いということは一発屋で消えてしまうということであり、実際そういった光景はよく見かけるはずです。

ということで、今回は「一発屋で消えずに生き残り、かつ仕事を獲得し続けられている人はどのようなTwitter運営をしているのか」についてお伝えしていこうと思います。

基本的には2つのステップに沿って解説していくんですが、この2つのステップを両方踏まなければならないということではないということは先にお伝えしておきます。

自分自身の状況に置き換えて、ステップ1だけで良いのか、ステップ2に進むべきかは個々で判断して取り組んでいただければ。

当然、ステップ1をある程度クリアできている人は、ステップ2を踏むことによって爆進することは言うまでもなく。

Twitter特有の攻め方もあるんですが、フォロワーを集めることよりも仕事を獲得することに重きを置いている内容であり、情報発信の基本となる部分でもあるので、ブログやメルマガの発信などにも生かしていただくと、SEO以外の戦い方も見えてくるんではないでしょうか。

アプデのたびにGoogleと戦って疲弊し続けるのは疲れますからね。

ステップ1:専門性で突き抜ける

この続きをみるには

この続き:2,856文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むこと...

過去のTwitterノウハウの投稿をまとめたものです。今後もTwitterノウハウの投稿はこちらにも追加していきます。

または、記事単体で購入する

Twitterに専門性とカジュアル性を

ハットリシンヤ|マーケター

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!全力で息子のお菓子かオモチャを書います(ʘʖ̮ʘ)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください(ʘʖ̮ʘ)
10
マーケティングコンサルタントをやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。