見出し画像

ブログを書く前にマガジンをつくろう

ありがたいことに、昨日リリースしたこのマガジンがかなり売れています。

【最新マガジン】コンサルタントのタイム・プロダクション術

当初は、売れなければボツにしようかなと思いつつも、僕の読者さんやお客さんであれば、今だからこそこの重要性に気づいてくれる人はいるはずだと思ってリリースしたら、思った以上に反応がありました。

想定以上に視点が鋭くて、自分を客観視できている人が多いんだなと感心しました(上から目線のようですみません)。

ということで、せっかくなのでマガジンの重要性をお伝えしておきましょう。

クライアントの中でも、特にコンサル系(指導業、情報発信業)のビジネスをしている人には、ブログ配信やnote配信をしていなくても良いから、とりあえずマガジンを1つつくることを推奨しています。

ところで、なぜ、最初にマガジンをつくった方が良いかわかりますかね?

この「マガジン制作をすべき理由」はかなり重要な“ある指標”になるので、ぜひ、コンサル業やブロガーなどの情報発信を生業にしている人は理解しておいてください。
マガジンのボリュームと価格の基準ですが、 最初は、

・10記事(1記事あたり2000文字)
・価格は1500〜3000円

くらいのパッケージで考えてもらえば良いと思います。

初心者層だけを相手にするのであれば、1000円以下でボリュームももう少しも小さくても良いですけどね。

自分の実力がわかる

この続きをみるには

この続き:1,838文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むこと...

新しいマガジンも配信してます。配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACT...

過去のnoteノウハウの投稿をまとめたものです。今後もnoteノウハウの投稿はこちらにも追加していきます。

または、記事単体で購入する

ブログを書く前にマガジンをつくろう

ハットリシンヤ|マーケター

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!いただいたサポートは全て息子のお菓子かオモチャにまわります( ˙³˙)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください( ˙³˙)!
4
マーケティングコンサルタントをやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。