コンサルフィーの決め方
見出し画像

コンサルフィーの決め方

コンサルフィーに限らず、商品やサービスの価格設定に悩む人が良いです。

大抵が「この価格で売れるのか」という不安から来るものだと思うんですが、ぶっちゃけ出してみなければわからないんですよね。

他社と同じような内容、クオリティであったとしても、商品自体のブランドや販売者自身のブランド、それに伴う集客力が大きく関わって来るので、綿密にリサーチをしてもスベる可能性があるからです。

ただ「とりあえずこれでいっか」で価格設定をしてGOしてしまうのは安易ですし、オススメしません。

リサーチと仮説は必須。

なぜなら、仮説がなければ検証できないということになり、上手くいってもいかなくてもブラッシュアップや修正しようがなくなるからです。

なので「この場合はこうだからこの価格にする」といういくつかの基準は持っておいた方が良いです。

今回は価格設定に迷わなくなる基準をお伝えしますが、このステップで考えればコンサルフィーの設定以外にも使えるので参考にしていただければ。

STEP1:稼ぎたい額から決める

この続きをみるには

この続き: 2,709文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

コンサルフィーの決め方

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/