見出し画像

罪悪感という悪魔の退治の仕方

人の行動を抑制する要素の一つに「罪悪感」というものがあります。

これは自分が思っている以上に深い問題である場合が多く、この罪悪感について考え改めることができれば、一気に前に進めたりするんですね。

なぜなら、罪悪感というのは今まで生きてきた環境の中で、主に他人によって植えつけられてきた価値観や常識の1つでしかないからです。

罪悪感

罪悪感とは、罪を犯した、悪いことをした、と思う気持ちのことである。

自身の行動・指向・在り様などに関して、罪がある、あるいは悪いことをした、している、と感じる嫌悪の感情のことである。 

自身の何らかの行いについて、内在する規範意識(正しいと認識されるルール)に反していると感じる所から罪悪感は生まれる。 

規範意識には、人間としての在りようを示した人道という極大な枠が存在するが、これは汎社会的で文化の別なく適用できる概念である。

しかし道徳では、その人の属する社会などによって違いも見られ、属する社会が違えば「罪」として認識される範疇も異なってくる。

Wikipedia


罪悪感の正体のほとんどは、思い込みや自分の人生に関係の無い人からのありがた迷惑な指摘によってできあがったものだったりするわけですね。

なので、スピリチュアルな話ではなく「それをやっても良い」という許可を自分に出せば問題無いということ。

もちろん、何をしても良いというわけではなく、法を犯すことや誰かの身体を傷つけたりするのは論外ですし、むしろ罪悪感が無くてもダメなことは言うまでもなく。


ビジネスやマーケティングでよく言われるのは、「お金稼ぐこと」や「セールス(売り込み)」に関する罪悪感、あるいは仕事を休むことやタスクを残して遊ぶことの罪悪感などがありますね。

根詰めて疲れているなら仕事を休めば生産性は上がるし、気晴らしに遊べば思わぬアイデアが得られたり出会いがあったりするんですが。

でも、なぜか罪悪感が邪魔をしてそれができない。


で、罪悪感が払拭できなかったり、「やはりこれは悪いことだ」と思って行動に移せないのは罪悪感という悪魔の正体を突き止めていないから、あるいは見て見ぬ振りをしているからなんですね。

ということで、今回はその悪魔の退治の仕方を具体例を出しながら。

罪と悪

この続きをみるには

この続き: 2,421文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

罪悪感という悪魔の退治の仕方

ハットリシンヤ|マーケター

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!いただいたサポートは全て息子のお菓子かオモチャにまわります( ˙³˙)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください( ˙³˙)!
15
マーケティングコンサルタントをやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/