ハットリシンヤ
DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング )から学び始めると痛い目を見る
ダイレクトレスポンスマーケティング_

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング )から学び始めると痛い目を見る

ハットリシンヤ

ちょっと抽象度は高くなりますが、今回はマーケティング の「そもそも論」の話をしようかなと。

いろんな人の話を聞いていると、マーケティング を学び始めたきっかけがダイレクト・レスポンス・マーケティング (以下、DRM)だったという人がけっこう多いんですが、これってけっこう危険なんですよね。

マーケティング を学ぶこと自体は良いことなんですが、初っぱながDRMというのはヤバイです。

DRMが何たるやに関しては、検索して調べてもらうとして、僕も御多分に洩れずDRMから学び始めたクチなんですね。

その当初は「マーケティングといえばDRMだ!」みたいな流れがあって。

副業を始めた当初は、ダイレクト出版や神田昌典さんの書籍やコンテンツが幅を利かせていまして。

今はそのポジションをNewsPicksが受け継いでいますが。


ということで、DRMから学び始めることがなぜ危険なのかという本題へ。

理由は3つ。

☑️簡単に稼げそうな気になる
☑️基本的に客層が悪い
☑️まともな文章が書けなくなる

この続きをみるには

この続き: 3,872文字 / 画像1枚

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
ハットリシンヤ
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/