失敗する方法
見出し画像

失敗する方法

どうもどうも、ハットリです。

「結果が全て」

これはビジネスの世界や営業職では当たり前のことであり、常に求められることには違いありません。

が、個人が成果を出すか否かのビジネスにおいては「プロセスが全て」であることに気づいている人も少なくないんじゃないですかね。

なぜなら、誰もが情報発信をしコンテンツを作ることができる今の時代において、結果が成功であろうが失敗であろうが、そのプロセス自体に大きな価値が生まれるからです。

たまたま上手くいったプロセス不明の成功よりも、試行錯誤して原因が明らかになっている失敗の方が圧倒的に価値があるということですね。


成功者が出している「成功ノウハウ」というのは、大抵があとづけです。

たまたま上手くいったものを何となくで法則やプロセスっぽく構成してい明日が、そのほとんどは「プロセス不明」なんですね。

だって、書いてあることはだいたいどれも同じでしょ?w

再現性が無い「その人だから成功できた」内容にしかすぎないので、多くの人は成功法則の本やコンテンツを購入しても成果に辿り着けないんですよ。

まぁ、当たり前ですよね。

環境や性格も違えば人脈、業種も違うし、使えるお金や時間の量も違う、ましてや商品やサービスも違うわけなので。

そんなものよりも「これをやっちゃダメ」という、実体験に基づく「誰もが痛い目を見る」ノウハウの方が、ビジネスをする上でも人生においても役立つわけです。


もちろん、コンサルタントやマーケターなど、クライアントの成果を創出することがメインの仕事であるビジネスに関しては「結果が全て」であり、同時にプロセスも可視化することが求められます。

が、YouTuberやアフィリエイター、コンテンツメイカーといった、コミットすべき定量的成果が自分自身であるビジネスにおいては、さすがに全敗ではダメですが、1勝9敗でも良いんですよ。

というか、失敗のプロセスを明確にし続けていて全敗する方が難しいです。

いや、極論、全敗でも良いんですよ。

なぜなら、全敗のプロセスをコンテンツにして、例えば「失敗大全〜全てのチャレンジに失敗した男の法則」みたいにすれば、少なくともそのコンテンツで1勝はできるからです。

ただまぁ、最初に1勝を持って臨む方がビジネスの難易度は下がります。


ということで、今回は「失敗をコンテンツにする方法」について。

よく「人生をコンテンツ化する」とか「失敗という経験自体が価値になる」とか聞くと思うんですが、じゃぁ具体的にどうすれば良いのかという話。

抽象度の高いテーマをもう少し具体的にしてお伝えします。

失敗の定義化

この続きをみるには

この続き: 1,753文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

または、記事単体で購入する

失敗する方法

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/