自分だけのビジョンの作り方
見出し画像

自分だけのビジョンの作り方

コンサルに依頼する際のエビデンスとして「実績」は重要ですが、僕は今まで実績よりも将来性、ビジョンだということを主張してきました。

そして、これからの時代においてはその流れは顕著になっていきます。

今まで稼げていたから今後も稼げるという時代ではなくなったので、当然といえば当然ですが、それでもまだエピックにしがみついてビジョンを見せられていない人が多いのが実情なんですよね。

過去の実績は参考データや事例にしかすぎません。

実際、僕がコンサルする際にはクライアントの会社やクライアント自身の将来性を見ます。

何を目指したいのか、どんな未来を想定しているのか、その未来にたどり着くだけのリソースはあるか、などを見た上でコンサルの依頼を受けるか受けないかを決めるんですね。

シビアかもしれませんが、将来性のないクライアント、ビジョンがないクライアントはお客さんから必要とされなくなりますし、そうなると低迷していき、コンサルフィーすら払えなくなるからです。

そんな人とコンサル契約を結んだところでお互い不幸になるだけで。

ビジネスは先生と生徒の関係ではなく、あくまで対等の取引であり、お互いにメリットを提供し続けられる関係性でなければならないですからね。

ちなみに、たまにクライアントのことを「コンサル生」と呼ぶ人がいますが、コンサル以前にビジネスをする人間として、凄くレベルの低いマインドで仕事をしているんだなとビックリします。

ビジネスの本質は、昔も今も未来もそんなに大きくは変わりません。

ただ、ビジネスの本質は変わらないとはいえ、あらゆる変化に順応していかなければ立ち行かなくなるわけですが、その際に求められる変化の1つが「実績よりも将来性」「エピックよりもビジョン」なんですね。

世の中がネガティブな情報に包まれているからこそ、明るい未来とその根拠を示せる人に多くの人が集まるんです。


ということで、今回はビジョンの作り方や伝え方について。

別に教祖になれという話ではないので、多くの人に刺さるビジョンでなくても良いですし、多くの人を明るい未来に連れていく必要はないんですね。

あらゆる人を幸せにすることは不可能なので。

なので「世界中の人を笑顔に」みたいなビジョンは必要なくて、むしろ一部の人にだけ刺さるビジョンでOKです。

ビジョンは深く狭く共有する時代

この続きをみるには

この続き: 2,367文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

または、記事単体で購入する

自分だけのビジョンの作り方

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/