見出し画像

企画がスベった後に確認すべき3つのこと

今回は何を書こうかなと風呂の中で考えていたところ、Twitterでこんなリクエストが入りました。


実は、少し前にこんなツイートをしていて。


マーケティングは実践して学ぶものであって、座学で学ぶものではないということは散々言ってきているんですが、まぁ、みんなやらない。

ビビってやたらと勉強や準備に時間や労力をかける。

事前にしっかりと準備すべきなのはリサーチくらいですし、そのリサーチも、リサーチできる環境に無いのであれば企画を打ちながらリサーチしていくしかないんですね。


スベっても良いから企画をガンガン打つことで、学べることがめちゃくちゃあるので、今回はそれについてお伝えします。

企画を打ったあとに絶対に確認すべき点ですね。

企画は打たなきゃずっと0点ですからもったいないですよ、マジで。

スベった後に確認すべき3つのこと

企画終了後に確認すべきことは大きく分けて下記の3つ。

①企画力
②プロモーション力
③影響力

この3つの足し算によって、成功か失敗の明暗が別れるわけですが、まずこの3つの点数をつけるんですね。

ポイントは企画前と企画後でそれぞれ点数をつけることなんですが、各100点、3つの合計点が300点になるように考えます。

<企画前>

例えば、「今回は企画力と影響力で勝負!プロモーションはあっさりと!」みたいな感じであれば、

①企画力:80
②プロモ力:30
③影響力:80

合計190点ということになりますかね。

<企画後>

で、企画がだだスベりで終わって、「企画力も弱かったし、SNSでも全然拡散されなかったな」と思った場合、

①企画力:30
②プロモ力:30
③影響力:30

合計90点だったんじゃないかなとか考えるわけです。

この結果が出てはじめて現実を見ることができる、つまり、自分の本当の実力を知ることができるということです。

僕が「マーケティングのスタートはそこ」というのはそういうことです。

で、企画力、プロモーション力、影響力に関して、何を考えてどう改善していけば良いのかを考えていくわけですが、マーケティング関連のインプットをするのはこの後のタイミングで良いんです。

企画力がダメだった場合は、企画術関連のインプットをすれば良いし、「やっぱプロモーションがんばらないとな」と思った場合はプロモーション関連、影響力が乏しいのであれば質の良いフォロワーを増やす方法を学ぶとか。

各項目についてもうちょっと掘り下げていきますね。

この続きをみるには

この続き:2,619文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むこと...

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

企画がスベった後に確認すべき3つのこと

ハットリシンヤ|マーケター

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!いただいたサポートは全て息子のお菓子かオモチャにまわります( ˙³˙)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください( ˙³˙)!
6
マーケティングコンサルタントをやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。