人を突き動かすスイッチ
見出し画像

人を突き動かすスイッチ

今日はやはりこのネタしかないですね。

念のために言っておくと、僕は西野アンチでもなければファンではないので、西野さんやアンチを叩く目的のそれではありません。

誰にどれだけお金を貢ごうが、別に本人が幸せであればそれで良いと思うので「目を覚ませ!」というつもりもなく。

この記事が何か考えるきっかけになれば良いなと思うだけですし、そもそもビジネスやマーケティングの話をしたいので。

というか、僕はどちらかと言うと西野さんは好きな方です。

えんとつ町のプペルの絵本を読んで絵もストーリーも良いなと思いましたし、絵コンテも買いましたし(価値が上がって高く売れるかなという目論見ですが)。

お子さんがいる知り合いには「絵もストーリーも素敵でしたよ」と絵本をプレゼントしたりもしました。

まぁ、個人的にはそれよりお笑いの西野さんが好きなんですけどね。


ことの事態に関しては個々で調べてほしいんですが、簡単に言うとこういうことですね。

さらに言うと、鑑賞回数を「○プペ」と言って信者が競い合うみたいな流れがあると(Twitterで「プペ」で検索するといろいろ出てきます...)。


で、大事なのはここから何を学ぶかということです。

まぁ、えんとつ町のプペルが「西野亮廣→映画」なのに対し、AKBの場合だと「秋元康→AKB→CD」とフェーズもコンテンツも違うので、鬼滅の刃を例に挙げた方が良かったのかもしれません。

結論は同じなんですけどね。

この両者の違いは明確で、結局のところ「コンテンツの購入か経典の布教か」です。

これが気持ち悪さというか不気味さを醸し出しているわけです。

コンテンツ or 経典

この続きをみるには

この続き: 2,654文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnote大全(https://note.factdeal.co.jp/m/m00533a2cda28)では過去の全てのnoteが読めるので、そちらもぜひ!

コンサルnote大全(https://note.factdeal.co.jp/m/m00533a2cda28)では過去の全てのnoteが読…

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

または、記事単体で購入する

人を突き動かすスイッチ

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/