お客さんにお叱りを受けましたが...
見出し画像

お客さんにお叱りを受けましたが...

Twitterで7000人以上もの人にフォローしていただきありがとうございます。

ということで、日頃お世話になっている方に何か還元できればと思い、先日こんな企画を打ったんですね。


僕は今までフォロワーを集めるための施策や企画(「フォロー&RTでプレゼント!」みたいなやつ)は打ったことがなく、今回も例のごとくいつものスタイルです。

そもそも不特定多数のフォロワーを集めようとも思っていないですし、プレゼント企画をするにしても、それは本来既存のフォロワーさんやこれまでの購入者さんに還元するものの方が良いよなと考えているので。


そんな中、ある意見をいただいたんですね。

ザックリ言うと、少し前にこのサービスに申し込まれた方から「どういうことですか?」という内容。

まぁ、要するに「こっちはお金払っているのに同じサービスを無料で受けられる人がいるというのはどういうことだ」と。

何かビジョンがあるなら聞かせてほしいということだったので、僕は下記のように思っていることをそのまま答えました。

いや、これはもうタイミングとしか言えないです。ビジョンも無いです。

単純に普段からお世話になってる人をサポートしたいだけです。


で、気を悪くされたのであれば返金しますとお伝えし、返金しました。

実際、マーケティング的な意図はなく、本当に「近しい人への還元」としか思っていなかったので。

そして7000にフォローしていただいたタイミングが今だったと。

これが割引とか半額とかなら、少なからず僕の収益につながるので、それは文句言われてもしょうがないんですが、販売者側である僕のとって金銭的なメリットは一切無い企画なんですよね。

もちろん、自分が応援したいと思う人を選んで、丸1日かけてサポートするという精神的充実というメリットはありますが。

丸一日かけてこのサービスを提供するのは、僕自身も本当に楽しいので。


なので、正直「どういうことですか?」という反応は理解はできるんですが共感はできなかったんですね。

誰かが幸せになるのが納得いかないってどういう心理なんだろうと。

もちろん、配慮という部分では「こういう企画を打とうと思っているんですが、大丈夫ですか?」と事前に聞いておくということはできたので、そこは反省材料として今後に生かそうと思っています。

ただ、ご本人はビミョーに納得されていないようでして、ガッツリ批判記事を書かれていたんですよね。

自分のブログで何を書こうが自由で良いんですが「人を落として自分のサービスに誘導するんかい!」と心の中でそっとツッコミを入れました。

そういうのはあまり好きじゃないんで。

この内容に関してはクローズドのメルマガ少し触れただけで、オープンで記事にするつもりはなかったんですが、ガッツリ名指しで書いていただいたので、僕の考え方をアンサー的に少し残してきます。

問題提起としては良いテーマだと思いますし、彼自身も批判より問題提起に重きを置いていると思うので、それにお答えしておこうかなと。

この続きをみるには

この続き: 2,519文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

月刊コンサルnoteでは、最新月の全ての記事(特集マガジンを除く)が月額1500円で読めます。毎月500円の記事を3記事以上読んでいただける方にはこちらの方がお得です。また『コンサルnoteのサークル(https://note.factdeal.co.jp/circle)』でも同じ内容が配信されるのでお好きな方を選んでください!

月刊コンサルnote

月額1,500円

コインを裏表ではなく横から見ることができる『コンサル脳』を鍛えるための定期購読マガジンです。普通の人とは違う考え方や切り口を手に入れたい人…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/