見出し画像

虚無感という悪魔を退治する方法

情報発信をする時「自分は何者でもない」「自分が発信できることなんてない」と悩む人がいますよね。

情報発信じゃなくても、こういったいわゆる「虚無感」に悩む人は少なくないわけですが、それは結局人と比べてないものねだりをしているだけです。

波乱万丈な人生を送ってきた人や修羅場をくぐり抜けてきた人、面白い人生を歩んできた人に憧れるものの「自分には今さらそんな人生は歩めないし」と卑屈になっているだけなんですね。

その状態で考えても時間は止まったままなので、少しずつでも良いので切り替えていった方が良いです。

何者でもないのがツライけど、だからといって修羅場は経験したくない。

そんな子どものわがままみたいな状態で、ラッキーを待っていても何も起こりませんし、前に進めるわけがないので。

修羅場上等でいきましょう。

本来、比べるものではないかもしれませんが、僕の経験上、修羅場よりも虚無感に包まれている方がツラいですししんどいです。

なぜかと言うと、死ぬほどツラい修羅場でも場面はどんどん展開していきますし、良くも悪くも思考と行動、結果の連続が出現します。

で、致命傷にさえならなければ糧になりますし、あとから笑えるんですよ。

一方、虚無感に包まれている状態というのは、社会はどんどん変化していくのに自分は同じ場所に止まっている状態なので、修羅場のような実感できる苦痛は無くとも、確実に精神が削り取られていくんですね。

思考も行動もしていないわけですから当然です。


こういった自己啓発的な話になると、結局「だから行動しようね」という結論に導かれるんですが、それではあまりに抽象度が高すぎるので、どうすれば行動できるのかという話をします。

虚無感を抜け出す方法を、つまり「行動するための行動」をコンサル的な視点で話ます。

まずは虚無感の意味を理解し、当てはまっていて、まさに同じ場所から動けずにいるなという人は参考にしてください。

虚無感

虚無感(きょむかん)とは、すべてが空しく感じること、何事にも意味や価値が感じられないような感覚、などを指す意味で用いられる表現です。たとえば、人生の意味や自分の存在意義などについて「まるで無意味なのではないか」という思いに苛まれているような状況は「虚無感にとらわれる」などと表現されます。

「虚無」という言葉には「なにもない」「空っぽである」「何の意味もない」「まったくの無価値」といった意味があります。「虚無感」は、そのような(「虚無」を感じている)感覚です。

虚無感とは具体的にはどのような感覚なのか、その様相は多分に人それぞれでしょうが、たとえば「なにか本質的な大事な部分がごっそり抜け落ちているような感覚」とか「目指すべき人生の指標が見当たらず暗中にいるような感覚」は、虚無感であるといえるでしょう。

「虚無感」という言葉はたいてい、「虚無感に襲われる」「虚無感にとらわれる」「虚無感に包まれる」「虚無感に苛まれる」というような言い回しで用いられます。虚無感と同じ意味で「空虚感」という表現が用いられることもあります。

哲学・思想の分野では、世界や人間存在には一切の意義も価値もないと捉える立場を「虚無主義」(ニヒリズム)といいます。

Weblio辞書

この続きをみるには

この続き: 1,918文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

虚無感という悪魔を退治する方法

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!いただいたサポートは全て息子のお菓子かオモチャにまわります( ˙³˙)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください( ˙³˙)!
8
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/

こちらでもピックアップされています

コンサルnote大全
コンサルnote大全
  • 455本
  • ¥48,000

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。