見出し画像

マーケティング的遺書

今回は遺書の話なんですが、もうすぐ僕が死ぬというわけではありません。

とはいえ、人はいつ死ぬかわからないので遺書は書いておいた方が良いというのが僕の考え方です。

ご存知の通り、こういうご時世ですしね。

僕も父からは受け取っていますし、僕自身、次男も生まれたことなので今現在家族に対して書いているものをアップデートしなければいけないなと思っているところです。

ただ今回はガチの遺書の話ではありません。

ガチというのは遺産相続などにおいて法的な効力を持つものということですが、その辺については僕が日頃お世話になっている甲斐先生(@tomoya_kai)に相談してみてください。


じゃぁ、今回はどういった遺書の話なのかというと、タイトルにもある通り「マーケティング的遺書」についてです。

目的としては遺族が困らないように、遺したい言葉や想いはもちろん、資産のありかやその管理方法などについて記すことです。

それも相手(遺される者)のニーズに沿って。

遺書というと誰にも知られることなくひっそりと書いてひっそりと渡すとイメージがあるかもしれませんが、そうではなくここで言う遺書というのはどちらかというと家族とすり合わせをしながら書くという感じです。

マーケティングというのは相手ありきのものなので、自分が書きたいことを書いて遺したいものを遺すというのではあまりに無責任ですからね。

そこが通常の自己満の遺書とは大きく違うところです。


また、裏の目的として、自分の死から逆算し、遺される者の将来を明確にイメージすることで、本当に遺すべきものがわかり、結果として今からやらなければならないことが明確になるというライフプラン設計もあります。

人は過去を見ると動けなくなりますし、未来を見ると先延ばしにする生きものなので、じゃぁ、自分がいなくなって大切な人だけが残る世界を想像してみましょうということですね。

で、想像するだけではなくしっかりと言語化すると。

なので、下記のような「稼がなきゃ」と思っているけどケツに火がつかないような人には一定の効果があると思います。

ということで、書き方についてステップ形式でお伝えしていきますね

STEP①:すり合わせ

この続きをみるには

この続き: 2,360文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(マガジン含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事(マガジン含む)も追加料金なしで読むことがで…

配信テーマリクエストなどあればTwitterのDMに!→https://twitter.com/FACTDEAL

または、記事単体で購入する

マーケティング的遺書

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!いただいたサポートは全て息子のお菓子かオモチャにまわります( ˙³˙)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください( ˙³˙)!
23
マーケティングコンサルタントをやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ハットリシンヤのカタログ👉https://shinyahattori.com/media/

こちらでもピックアップされています

月刊コンサルnote
月刊コンサルnote
  • ¥1,500 / 月

コインを裏表ではなく横から見ることができる『コンサル脳』を鍛えるための定期購読マガジンです。普通の人とは違う考え方や切り口を手に入れたい人はぜひ。noteの更新は毎週火曜日と金曜日の午前9時を予定しています。詳細はこちら👉https://note.factdeal.co.jp/n/nd7c8774cabb1 また『コンサルnoteのサークル(https://note.factdeal.co.jp/circle)』でも同じ内容が配信されるのでお好きな方を選んでください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。