【永久保存版】フリーランスの“残酷”な教科書
見出し画像

【永久保存版】フリーランスの“残酷”な教科書

ハットリシンヤ

※ 以下、デーモン閣下ボイスでの脳内再生を推奨

今の時代、何のスキルも持たず、お金もかけず、時間もかけず、誰でも簡単に起業ができる。

が、誰でも成功できるわけではないし、誰もが稼げるわけでもない。

ほとんどの人は「やってはいけないこと」をことごとくやってしまい、大量のお金、時間、信用を失った挙句、人生の路頭に迷うのだ。


世の中には無数の成功法則が転がっている。

それは先駆者の知恵として重宝されるが、いつの時代も、どんなタイミングにおいても、誰がやっても、必ず成功する方法なんてものは存在しない。

それらはマニュアルではなく、「あるタイミングでそれを使うと上手くいくかもしれない」という単なる手段でしかなく、そのタイミングや時間、お金、エネルギー、才能の投入量は自分で決めるしかないのだ。


そして、どのタイミングでどれだけの時間、お金、エネルギー、才能を投入すれば良いのかは経験によってしか知ることができない。

起業して「行動をしろ」と言われるのはそれを知るためのものであって、失敗を恐れずにガムシャラに走り続けろということではない。

周りに目もくれず、無知のまま走り続けて再起不能になるような致命的な失敗をしないために、小さな失敗&小さな成功を経験するために「行動しろ」ということなのである。


つまりは、致命的な失敗をして生きること自体に詰まないように、「これをやると地獄を見る」を十分に理解した上で起業しなければならない。

ただ、残念ながらその「これをやると地獄を見る」を体系的に記したコンテンツはこの世にほとんど存在しない。

そこで「地獄に落ちる方法」というやや刺激的かつ逆説的なコンテンツをここに記したので、起業初心者の諸君は正座をして熟読し、プリントアウトして貼り出しておいてほしい。


起業初心者に限らず、すでにビジネスをしている人間にとっても、時折襲ってくる誘惑や自分への甘えをかき消すのに役立つだろう。

では、さっそくいってみようか。


おっと、忘れるところだった。

すでにビジネスをしている人間であれば、成功体験以上に多くの失敗体験をしてるはずだから、「これをやると地獄を見る」というネタはクサるほど持っているはずだ。

起業初心者が地獄に落ちるのを救うためにこの教科書に追加していくので、ぜひリプ欄で「震えるような恐怖体験」をユーモアと皮肉たっぷりで教えてほしい。

若年層の起業が増えている今、若くして路頭に迷う者を1人でも減らすためにぜひ協力してくれ。

待っているぞ。

HELL1:いますぐ会社をやめろ

上司にムカついたら、やりたいことや好きなことが見つかったら、立つ鳥跡を濁しまくって良いからその会社や学校は今すぐやめてしまえ。

実行した暁には、「いいぞ!よくやった!」と持ち上げてインターネット上に拡散し、いざ切羽詰まったときは他人のフリをする最高にクレイジーな連中たちがオマエを待っている。

そして、再就職をしようとした時には、ネットにばらまかれた個人情報はデジタルタトゥーとしてオマエの身体にカッコ良く刻まれ、あらゆる一般職からオマエを遠ざけてくれるだろう。

貯金も無い状態で、ノリと勢いで会社をやめてしまえばもっと最高だ。

明日食っていけるかどうかわからないスリルがオマエを刺激し、あっという間に、クレイジーな連中に仲間入りできる。

HELL2:権力者に媚びろ

無事に起業できたら、まずは権力者に媚びにいけ。

そうだな、権力者にお近づきになれる有名人のオンラインサロンに入るのが手っ取り早いだろう。

オンラインサロンに入ると、オマエが才能ある人間だと知るやいなや、「Win-Win」だと言って存分に世の中に宣伝してくれるだろうし、オマエに才能が無い場合は「まずはフォロワーを増やせ」という的確かつありがたいアドバイスをもらえる。

そして、オマエに集まったファンやフォロワーは、漏れなく権力者に献上され、望み通り養分になることができる。

さらには、金を払って雑用をさせてもらえるかもしれないぞ。

誰かの養分になるのは「貢献感」に満たされるので気持ち良いものだ。

自分のお金や大事な人、全てを失うことになろうとも、誰かの役に立つのは素晴らしいことではないか。

HELL3:雑魚たちと群れろ

起業家は孤独で寂しいから、すぐに群れることをオススメする。

権力者にもお客さんにも誰にも相手にしてもらえないオマエは、同じような境遇の人間と群れることで温かみや絆を感じるようになるだろう。

そうだな、方法としてはTwitterで自分と同じような雑魚アカウントに絡んでRTやフォローをしまくれ。

そうすると、オマエのTLは仲間たちで溢れ、お客さんや仕事の依頼先を探している人を永遠に遠ざけ、温かさが保たれた光あふれる世界でのんびりと暮らすことが可能になる。

誰にもジャマされないエリシオンで幸せに暮らすと良い。

HELL4:稼いだ金は好きに使え

万が一稼ぐことができたなら、その時は「自分へのご褒美だ」と言ってお金は好きに使えば良い。

良い家に移り住み、良い車に乗り、ブランドものに身を纏い、それらをSNSにアップすればオマエに憧れるヤツが現れるから一石二鳥だ。

それがブランディングってやつだ。

バカなやつらは、稼いだお金を自己投資や会社のためにコツコツ使い、何の面白みも無い生活を送っている。

そういったヤツらが、どんどんビジネスを成長させてエラそうになっていくのを横目に、オマエは収入と支出の差がゼロ、時には赤字になるというスリルを味わう人生を楽しめば良い。

赤字が続いても、バカな客たちはオマエが「●億稼いでいるんだぞ!」とウソをついてもついてきて財布を開けてくれるだろうから心配ない。

HELL5:常識は全て無視しろ

成功者はみんな異端児だ。

常識やモラルなんて気にする必要なんてないし、リテラシーなんてクソ食らえくらいがちょうど良い。

ネットでは顔が見えないことを良いことに、匿名で売買したり、契約書を交わさずに仕事を依頼したりしているし、金が惜しけりゃ支払いを踏み倒すことなんて当たり前だ。

好きなことをして食っていきたいんだろう?

それなら、挨拶もしなくても良い、時間も守らなくても良い、締め切りも気にすることはない、自分が悪くても謝ることなんてしなくて良い。

イヤなことは一切せず、好きなように仕事をして、それでも仕事を依頼してくれるヤバイ客とだけ商売をすれば、望みどおり好きなことをして食っていけるはずだ。

HELL6:批判と誹謗中傷は同じだ

本来、批判と誹謗中傷は違うものだが(詳しくはググってくれ)、そんなものは気にする必要はない。

誹謗中傷はもちろん、意見や反対意見も全てシャットアウトでかまわない。

いつだってオマエの行動や立ち振る舞いは正義だ、最高だ、オマエの商品やサービスに落ち度なんて1mmもないわけだから、ブラッシュアップなんてものは一切しなくて良い。

批判や意見を受け入れて、商品やサービスをコツコツを改善して、一人でも多くの笑顔を増やしていくなんて、まともにマーケティングをしようとしているヤツがやることだ。

自分に自信があればマーケティングなんて知らなくも良い。

ハダカの王様になってオマエの周りの人がどんどん離れていっても、ハダカの王様キャラが浸透すれば、一定期間はチヤホヤされる。

動物園のパンダのようにな。

その期間に自分の人生を見つめ直せるなんて最高じゃないか。

HELL7:困ったらPolcaをしろ

常識を無視してビジネスをしようとすると、なかなか理解してもらえずお金が尽きることは必至だろう。

そんなときは簡易クラファンPolcaでお金を集めろ。

リターンなんて気にしなくても良いぞ。

クラファンに関する規約やルールは曖昧だし、リターンどころか集金目的と違うことにお金を使ってもお咎めなしだから、何も気にせず存分にネット乞食をすれば良い。

詐欺で書類送検されたらどうするかって?

ネットの世界では犯罪は「オイシイ」と勲章のように扱われるから、大切な人を裏切ったり悲しい顔を見たりしても平気なサイコパスは、犯罪なんて気にせず実践してしまえ。

大切な誰かを悲しませてでも、苦しめてでも自分のやりたいことを貫くのが「好きなことで生きていく」ことなんだろ?

HELL8:パクったもん勝ちだ

ネットでは頻繁にパクリが発生する。

コンセプトのパクリ、コンテンツのパクリ、デザインのパクリ、ツイートのパクリ、異端児は罪悪感なんて持たない。

本人から許可を取るなんて面倒臭いことは一切しない。

パクリがばれたら、謝罪も必要ないし敬意なんて一切示さず「何が悪い?拡めてやってるんだぞ」と開き直れば相手はたじろぎ、オマエは炎上して一気に有名人になれるのだ。

コンプラなんてクソ食らえ、モラル?何それ?というクレイジーな起業家はなかなかいないからすぐに目立てるぞ。

1つバレると芋づる式で他のパクリもバレて、さらに炎上し一石二鳥だ。

相手によっては訴えられて賠償金の請求が来るだろうが、好きなことでいくらでも稼げるオマエなら楽勝だろう。

HELL9:実名顔出しを徹底しろ

SNS、特にTwitterには「実名顔出しじゃなければ許せない病」の人たちが一定数生息している。

実際、実名顔出しはブランディングには有効だ。

彼らに一目置かれたければ、漏れなく実名顔出しをしなければならないし、そうしなければ意見すら受け入れてもらえない。

オマエが会社員だろうと学生だろうと家族持ちだろうと関係ない。

彼らの輪の中に入ってブランディングのショートカットをしたいのであれば、大事なものをリスクに晒してでも実名顔出しで炎上ツイートを連発することをオススメする。

失うものは大きいかもしれないが、オマエはフォロワーが増えて有名人になって稼げれば問題ないはずだから恐るるに足りん。

HELL10:高知に行け

高知に行くと伝説のブロガーに会える。

その出会いは人生の汚点、ペナルティになる可能性は高いが、その黒歴史はオマエのコンテンツに彩(いろどり)を与えてくれるだろう。

荷物をまとめ、今すぐ高知へ飛べ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
ハットリシンヤ
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/