見出し画像

コンサルタントのなり方

コンサルタントになるのってハードルが高そうですが、ジャンルによります。

経営やマーケティングを指導するとなると、専門分野自体が

・マネジメント
・採用戦略
・人材育成
・法務
・財務
・税務
・資金調達
・市場リサーチ
・集客
・セールス
・プロモーション
・心理学
・マインドコントロール


などなど、かなり多岐に渡りますが、この中のどれか1つだけに特化してもコンサルタントは成り立つわけで。

むしろ、見込み客にとってはその方がわかりやすいですしね。

まぁ、カテゴリーごとのインプットに関しては、ググればどんな知識やスキルを身につけなければならないかは出てくるので今回はそこは割愛します。

今回はもっと基本的なこと。

WEBでいくらでも自力で露出ができる時代において、これを押さえとけば集客とマネタイズはできるという3つのポイントです。

逆に、この3つが整っていなければアウトです。

1.脳内を自由に書くことができるかどうか
2.ブスはコンサルタントに向いていない
3.お客さんの声をひけらかしてはいけない

1.脳内を自由に書くことができるかどうか

この続きをみるには

この続き:2,267文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

note限定の完全オリジナル記事の月刊号です。2017年も半分が終わりましたね。

または、記事単体で購入する

コンサルタントのなり方

ハットリシンヤ|マーケター

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

価格以上の価値があったという人はサポートいただけると喜びます!全力で息子のお菓子かオモチャを書います(ʘʖ̮ʘ)

スキ嬉しいです!Twitterでも絡んでください(ʘʖ̮ʘ)
4
マーケティングコンサルタントやってます。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。毎週火曜日と金曜日のAM9:00にコンサル脳を鍛えるための『月刊コンサルnote』を配信してます。ザックリ自己紹介👉https://shinyahattori.com/media/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。