コンサルnote大全

497
SECRET

SECRET

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
4
好きになったことをオタクになるまで続ける方法

好きになったことをオタクになるまで続ける方法

こちらのツイートでも書きましたが、好きなことを見つけて一つのことにハマり続ける、そしてオタクレベルにまで追求することができれば、ほぼ全てのことはお金になる時代です。 多様性が尊重される時代というのもありますが、集客の二大要素の一つである「露出」の難易度が圧倒的に低くなったというのが大きいですね。 WEBサイトやブログ、SNS、YouTubeなど無料のメディアを使って、誰でも簡単に「ニーズ」や「同類」にすぐリーチできるようになったからです。 そこに集客のもう一つの要素であ

スキ
24
有料
500
何のためにマーケティングを学ぶのか

何のためにマーケティングを学ぶのか

このnoteを読んでくれている人は、漏れなくマーケティングを学んでいる人か、もしくはこれから学ぼうとしている人だと思います。 ただ、何のためにマーケティングを学んでいるのでしょうか? 至ってシンプルな質問なんですが、この質問に対して自分の答えをバシッと言える人ってあまりいません。 もちろん、学んでいくうちに答えは見えてくるもんなんですが、目的を持たずにマーケティングを学ぼうとすると、インプットするものがどんどんズレていくことになります。 例えば、マーケティングをお金を

スキ
8
有料
500
家族との時間を大事にしながら稼ぐ方法

家族との時間を大事にしながら稼ぐ方法

前回記事で「家族との時間を大事にしながら稼ぐ方法」の一つとして「趣味をビジネスする」ということについて掘り下げて書いたんですが、今回はそれ以外の「家族との時間を大事にしながら稼ぐ方法」について。 いくつか方法があるので、自分に一番合う方法を見つけていただければなと思います。 前回も少し書いたんですが、テーマとして「家族との時間を大事にしながら稼ぐ」と掲げると「好きなことで稼ぐ」とか「ノンストレスで稼ぐ」とかに直結しそうなんですが、必ずしもそういうわけではありません。 あ

スキ
4
有料
500
趣味はビジネスにできるのか

趣味はビジネスにできるのか

「家族との時間を大事にしながらストレスなくお金を稼ぐ」 こう言われると情報商材のコピーみたいですが、これを商材に頼るのではなく自分の頭で「そのためにはどうすれば良いのか」をしっかりと考えることでいろんな可能性が生まれます。 (まぁ、情報商材は「家族との時間を大事に」とかは言わないですかね) 初っ端からそんなファンタジーは存在しないだけで、結果的にそうできている人は一定数いますからね。 ちなみに「家族との時間を大事にしながらストレスなくお金を稼ぐ」方法としてよく言われる

スキ
4
有料
500
トレンドと逆張りを往復する方法

トレンドと逆張りを往復する方法

ポジショニング戦略の一つとして「逆張り」があります。 現在のトレンドを否定し、真逆の主張をすることによって求心するという、わりとスタンダードな手法ですね。 やっている人も多いと思いますし、僕も使っています。 僕の場合は、ツール等のトレンドにはガンガン乗るんですが、その使い方に関しては、王道とはあえて真逆のアプローチをして成果を出すように心がけたりしています。 これだけで逆張りになるんですよね。 ただ、これだけ聞くと「なるほど!逆張りをすれば目立てるのか!」と安易に考

スキ
2
有料
500
仮説思考の2つの罠

仮説思考の2つの罠

ビジネスにおいては「仮説と検証」の繰り返しが重要だということは、言わずと知れた超基本的なことです。 この「仮説と検証」の精度を高めていくことで成功の確率も上がっていくわけですが、マーケティングやコンサルではこの精度を高めるための方法としてフレームワークがよく使われます。 SWOT、4P、3C、5Fといった分析のフレームワークですね。 フレームワークの解説をしたいわけではないので、ここでは割愛しますが、要は ・いつそうなると考えられるのか? ・どこでそうなると考えられる

スキ
4
有料
500
2021年の本の読み方

2021年の本の読み方

僕はマーケティングの仕事を生業にしているんですが、新いマーケティングの本は年に数冊くらいしか読みません。 それ以上読むとしても、大体過去に購入した本を読み返すくらいで。 理由は3つあるんですが、1つは新い価値観や切り口を提供してくれるマーケティング本は年に1、2冊出れば良い方で、ほとんどの新書というのは過去のマーケティング本の焼き回しだからです。 マーケティング本に限らず、ビジネス書、自己啓発本もそうです。 結局『7つの習慣』など、レジェンドが書いたバイブル本の潮流で

スキ
15
有料
500
時代遅れのマーケティングをしないために

時代遅れのマーケティングをしないために

今月もコンサルnoteを購読いただきありがとうございます。 マーケティングのこと、コンサルのこと、ライフスタイルのことなど、今月も独自目線で発信していくのでどうぞよろしくお願いします。 今月一発目のnoteですが、この本を少し紹介し、その上で僕なりの視点で話ができればなと。 Twitterでは何度か紹介しているので読まれた人もいるかもしれませんが、めっちゃ良い本なのでぜひ読んでみてください。 マーケティングという視点で読んで学んでも良いですし、女性(奥さんや彼女)のこ

スキ
30
有料
500
強みはデザインするもの

強みはデザインするもの

よく「強みを発掘します」みたいなのあるじゃないですか。 昔からそういうコンサルタントとかもいると思うんですが、強みは発掘されるものではなく作るものなんですよね。 強みというのは狙ってデザインするものです。 なんか「特技」とかと「経験」とかと混同している人が多いんですが、それはあくまでリソースであって強みではありません。 「その経験が強みです」 「その特技は凄い強みですね」 みたいなことを言う人がいますが、違うんです。 例えば「脱サラして島に移住し、そこで育てたこだ

スキ
6
有料
500