マガジンのカバー画像

コンサルnote大全

315
コンサルnoteにある全ての記事(教科書シリーズ含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。
コンサルnoteにある全ての記事(教科書シリーズ含む)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記…
¥58,000
運営しているクリエイター

記事一覧

【永久保存版】ステップメールの教科書

こんにちは、服部です(@FACTDEAL)。 こちらの記事を書いてからステップメールに取り組む人が増えてきていて、メルマガやLINE運用に関する相談もよく受けるようになってきました。 この記事は抽象度の高い内容なので、ガンガンビジネスに取り組んでいる人はそれで成果も出せるでしょうが、あくまでステップメールの概要であり、プロモーションという視点でのノウハウは全く伝えられていません。 ブログでそこまでのボリュームを持たすわけにはいかないので。 なので、このコンテンツでは「

¥19,800

【永久保存版】狭くて深い集客の教科書

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。 ひさびさの教科書シリーズですが、今回は今まであえて避けていた「集客」に特化したコンテンツをリリースしました。 なぜ避けていたのかについては後で話すとして、まずは集客についての基本的な話から。 このコンテンツは、事前に集客に困っていることのアンケートをとった上で作っていったんですが、アンケートを読ませてもらうと大きく2通りの人に分かれていました。 1つは、すでにビジネスが回っていて、より収益を増やすために集客力をつけたいと考

¥14,800

【永久保存版】コンテンツメイクの教科書

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。 コツコツ配信していたマーケティング系のコンテンツを再構築し、パッケージングしたら、コンプリートなコンテンツができあがりました。 ボリュームを押したいわけではないので、文字数でマウントするつもりはさらさらないんですが、余すことなく情報やノウハウを盛り込んでいったら、気がついたら10万字以上のボリュームになっていました。 内容的にはまだまだ書けるんですが、カリキュラムがあまり広範囲になってしまっても消化できなくなるのでとりあえず

¥24,800

ガンガンいこうぜ

今月もコンサルnoteを読んでいただきありがとうございます。

¥500

クラファンは企画の向こう側を見るべし

前回のnoteで今月のコンサルnoteは完結かと思っていたんですが、もう1回ありましたね。

¥500

最小限のダメージで軌道に乗せる方法

コロナが落ち着いてきたからなのか、もはやコロナと共存していくしかないと覚悟を決めた人が増えたからなのかはわかりませんが、最近は法人、個人にかかわらずコンサル案件が増えてきていまして。

¥500

家族を巻き込むビジネス

今月もコンサルnoteを購読いただきありがとうございます。 今月からボチボチ新しいこともしていこうと思っているので、noteの内容もバラエティに富んだ内容になっていくかなと。 自分で言うのも何ですが、それなり期待していただければ。 というのもですね、今月から再びYouTubeをやっていこうかなと企んでいまして。 以前やっていたことがあるし、直近でもいくつか撮っていたんですが、ビジネス目的となるとあまりモチベーションが湧かなかったので手が止まってしまったんですよね。

¥500

会社員は独自のTwitter戦略を

今月もコンサルnoteを購読いただきましてありがとうございました。 今月はこんな感じのラインナップでした。 企画術は学ぶもの、文章術はパクるもの 王道ビジネスと逆張りビジネス コンサルフィーの決め方 スケジュール表の本当の役割 在宅とnoteとあなた 新しいマネタイズへの近道3原則 これからTwitterをがんばろうと思っている人へ 気になるものがありましたら、ぜひ読んでみてください。 本日の記事を含めて3記事以上読まれるのであれば定期購読がお得ですし、今

¥500

新しいマネタイズへの近道3原則

さて、そろそろコロナ自粛も終わりそうですね。 第2波、第3波云々言われていますが、最低限の対策はしつつ「その時はその時」という感じで動いていくしかないですよね。 そうじゃないと経済の立て直しが手遅れになりますから。 で、コロナパニックは一旦終わろうとしていますが、多くの人が収入の柱が1本であることのリスクを痛感したはずです。 あるいは、複数の収入源があっても、それらが第三者に依存するビジネスなどフットワークやコントロールが効きかないビジネスであることのリスクを痛感した

¥500

在宅とnoteとあなた

この記事を書いているときにちょうど「部屋とワイシャツと私」を聴いていたのでそんな感じのタイトルになりました。 書いている内容に関しては、けっこうシビアなnote戦略についてです。 というのも「ブログに対するnoteの位置付け」に関して困っている人がけっこういるみたいで、オンラインサロンのZOOM会でも聞かれたので。 今までも何度かお伝えしてきてはいるんですが、断片的になっていたのでこの辺でまとめておこうかなと。 その頃とは世の中の状況は変わっていますし。 この記事を

¥500

スケジュール表の本当の役割

今回はこの話について。 メルマガでも触れた内容ですが、けっこう深い話なのでもうちょっと具体的お伝えした方が良いかなと。 僕はすでに遺書を書いていて、定期的にアップデートしてるんですが、これをすることのメリットとして「健康について真剣に考えるようになる」というものがあります。 そもそも「遺書を書く=いつ死んでも良い」というわけではないのでw むしろ真逆で、遺書を書くことで「長生きしなきゃ」と強く思いますし「じゃぁそのために何をするか」も真剣に考えるようになるというわけで

¥500

これからのチームとリーダーの資質

定期購読マガジンの売上というのが月の初めに売上としてカウントされるんですが、購読者数を調べなくてもこれを見ると購読者が増えたか減ったかがわかるんですね。 前回の記事でも書いたんですが、こういう状況なのでさすがにもう読者さんがいなくなるかなと思っていました。 が、増えはしないものの横ばいで。 これは本当にありがたいと思うと同時に、こんな時にお金を払ってインプットしてくれている人のために、より良いnoteを書いていかなくちゃなと気が引き締まります。 今月もどうぞよろしくお

¥500

店舗型ビジネスの異端な生存戦略

最近、状況が状況なだけに飲食店のオーナーからの相談がめちゃくちゃ多いんですよね。 八方塞がりで切羽詰まった人もいますが、主に「今はなんとか耐えているけどこの先が不安でしょうがない」という人です。 先日、Twitterで下記のようなアンケートをとったんですが、まさにその通りっていう感じですね。 それでも1/4の人が「困っている人に無料でアドバイスできるくらい余裕」というのは素晴らしいです。 この数字が世の中の指標なのか、僕のフォロワーさんにそういう人が多いのかは分かりま

¥500

親と子どもとインターネットの最適な関係

一昨日、3月11日に次男が生まれたのでここ2、3日はTwitterもブログも次男のことばかりでしたが、もうちょっとだけ引きずりますw といっても僕のプライベートの話ではなく、あくまで「子育てとマーケティング」の話をしていきます。 その中に具体的な実例として僕のプライベートの話もしますが。 インターネットの時代になって、親子のコミュニケーションのあり方や子どもへギフトってけっこう変わってきていると思うんですね。 もちろん、変える必要もない部分もあります。 親子でどうい

¥500