コンサルタントのなり方
見出し画像

コンサルタントのなり方

コンサルタントになるのってハードルが高そうですが、ジャンルによります。

経営やマーケティングを指導するとなると、専門分野自体が

・マネジメント
・採用戦略
・人材育成
・法務
・財務
・税務
・資金調達
・市場リサーチ
・集客
・セールス
・プロモーション
・心理学
・マインドコントロール


などなど、かなり多岐に渡りますが、この中のどれか1つだけに特化してもコンサルタントは成り立つわけで。

むしろ、見込み客にとってはその方がわかりやすいですしね。

まぁ、カテゴリーごとのインプットに関しては、ググればどんな知識やスキルを身につけなければならないかは出てくるので今回はそこは割愛します。

今回はもっと基本的なこと。

WEBでいくらでも自力で露出ができる時代において、これを押さえとけば集客とマネタイズはできるという3つのポイントです。

逆に、この3つが整っていなければアウトです。

1.脳内を自由に書くことができるかどうか
2.ブスはコンサルタントに向いていない
3.お客さんの声をひけらかしてはいけない

1.脳内を自由に書くことができるかどうか

この続きをみるには

この続き: 2,267文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全ての記事も追加料金なしで読むことができます。

コンサルnoteにある全ての記事(コンテンツメイクの教科書、ステップメールの教科書は含まれません)が読めるマガジンです。今後配信される全て…

または、記事単体で購入する

コンサルタントのなり方

ハットリシンヤ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハットリシンヤ

いただいたサポートは家族のために大事に使わせていただきます!

ありがとうございます!次もまたスキをいただけるような記事を書きます!
マーケティングの人。最近はカメラマンとしてプロフィール撮影とかも。今後『CONSUL NOTE』の記事の一部はメインブログに移行していきます👉https://change-consul.factdeal.co.jp/